秋山翔吾 メジャー成績を振り返る

スポーツ
スポンサーリンク

西武ライオンズドラフト3位で入団。

首位打者1回、最多安打4回を獲得し、日本プロ野球におけるシーズン最多安打記録(216本)保持者の記録を持つ、イチロー選手に続く最高のアベレージヒッターである秋山翔吾選手のメジャーでの成績を記載します。

2020年 メジャー1年目 シンシナティ・レッズ

10月29日に海外FA権を行使し、メジャー挑戦を決断。

2020年1月6日にシンシナティ・レッズと3年総額2100万ドル+オプションとして表彰等の出来高 で契約を結ぶ。

背番号は「4」。レッズとの契約によりメジャー30球団全てに日本人所属したこととなった。

例年通りオープン戦は途中まで行われていたが、新型コロナウィルス感染症拡大の影響でシーズン開幕が7月下旬に延期となる。

【オープン戦成績】

10試 打率.321(28-9) 本0 点1  出塁率.367   長打は二塁打の1本のみ。 

開幕戦となった7月24日のデトロイト・タイガース戦の6回裏に代打でメジャー初出場。ホセ・シスネロから中前適時打を放ち、メジャー初打席初安打初打点を記録した。

しかし8月まで打率.196、出塁率.282と苦しみ、打順も慣れ親しんだ1番ではなく、6〜8番の下位になることも多くなった。

成績を残せなかった最大の理由が「高めのストレート」への対応がなかなかできなかったためである。

これは日本では「高めのストレート」をカウントをとるために使用するのは少ないためである。(日本の野球は低めで勝負が基本の攻防)アメリカはあえて高めでおさえるという技術が確立されている。

この結果、ストライクを意識するゾーンがアメリカでは高めに広がった。

9月に入ってからはチーム最高の月間打率.317、出塁率.459を記録するなど1番打者として活躍。チームの7年ぶりとなるポストシーズン進出に貢献した。

最終的に54試合に出場、打率.245、38安打、9打点、7盗塁、出塁率.357。

ポストシーズンでは2試合出場したが無安打だった。

【シーズン成績】













































O
P
S
54183155163861046973002502341.245.357.297.654

【ポストシーズン成績】
















































O
P
S
LWC2550000000000000020.000.000.000.000

2021年 メジャー2年目 シンシナティ・レッズ

例年通りの日程でキャンプは行われたが、身内の事故で一旦キャンプを離脱。

3月13日オープン戦にて「1番・中堅」でスタメン出場したアスレチックス戦で左太もも裏を痛めた結果その後の試合を欠場した。

オープン戦成績は、

4試合 打率.000(7打数0安打)0本塁打0打点 三振3 四球3 出塁率.300 OPS.300

4月下旬に練習試合で実戦復帰。

5月7日のインディアンス戦でメジャーに合流。5日の試合で左手親指を骨折した主砲ボットに替わり、登録された。

5月13日、 ロッキーズ戦三回に代打で起用され4打数1安打。今季出場6試合、11打席目で初安打をマークした。 二ゴロ、三ゴロ、左前打、一ゴロ(ギルブレスの内角92マイルを左前)

【前半戦成績】

46試合 19安打 0本塁打 4二塁打 7打点 9得点 2盗塁 6四球 2死球 19三振 打率.221 出塁率.287 長打率.267 OPS.539

コメント

タイトルとURLをコピーしました