スポンサーリンク
スポンサーリンク

【坂本勇人】読売ジャイアンツの主な事件・不祥事・スキャンダル一覧

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

読売ジャイアンツの主な事件・不祥事・スキャンダル一覧

年度名称事柄
1948年別所引き抜き事件南海のエース別所毅彦が、待遇の不満から巨人への移籍を希望したことに端を発する騒動。
日本野球連盟の裁定を受けて別所の巨人移籍は実現するが、巨人は10万円の制裁金を、別所は開幕から2ヶ月間の出場停止を課された。
1949年三原ポカリ事件三原脩監督が、対戦相手チームの選手の頭を殴打した事件。本件により、三原は100日間の出場停止処分を受けた。
1957年人事院騒動日本シリーズで西鉄ライオンズに再度敗れたことから、球団社長の品川主計がコーチ陣の一新を狙って、谷口五郎・藤本英雄両コーチの更迭を打ち出す。監督の水原茂がこれを拒否して、辞任を表明。水原は人事院ビルに球団オーナー・正力松太郎を訪ねるも慰留され、辞任を撤回するが、そこに品川が現れて激高し記者団の前で「謝れ!」と大声で水原を詰った。
1973年湯口事件湯口敏彦投手の急死をきっかけに起こった、川上哲治監督と球団へのバッシング騒動。
1978年江川事件当時の野球協約の盲点をついた巨人が、ドラフト会議の前日に江川卓と電撃契約したことに発する騒動。通称「空白の一日」。
1985年定岡正二投手のトレード拒否定岡正二投手が近鉄へのトレード移籍を拒否し、29歳で現役を引退。
KKドラフト事件PL学園高等学校の桑田真澄と清原和博を巡るプロ野球ドラフト会議での騒動。
1990年桑田真澄投手の登板日漏洩疑惑桑田と専属契約を結んでいたスポーツ用具メーカーを解雇された中牧昭二が、桑田が自らの登板日を知人に漏らしていたことを暴露本で明らかにした。この書籍の中で、桑田が「前科がある人」に登板日を教えたらしい旨の記述があったため、桑田が野球賭博に関与しているのではないかとの憶測を招き、その件も週刊誌やスポーツ紙等で騒がれることとなった。しかし、野球賭博に関与した事実はないことが和解で確認されている。
1992年ポーカー賭博1992年に柴田勲がポーカー賭博で逮捕されるが、釈放後の会見では、ポーカー賭博をしたことに対する謝罪会見であるにもかかわらずトランプ柄のセーターを着ていたため話題となった。その後、起訴猶予処分となる。
1998年バルビーノ・ガルベスの審判に対する暴力行為7月31日、阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース戦でガルベスが6回途中で長嶋茂雄監督に交代を命じられた直後、球審である橘高淳の判定に対しての不満から審判団に向かってボールを投じ、誰にも当たらなかったが侮辱行為として退場を宣告される。ガルベスは橘高との間で乱闘をおこし、止めようとした吉原孝介捕手はガルベスの肘で顔面を負傷した。翌8月1日、リーグから「1998年シーズン残りの出場停止」という処分が下り、球団も無期限出場停止の処分を下した(翌シーズンに再契約している)。8月2日には武上四郎打撃コーチが矢野燿大捕手(阪神)に暴行を働き退場処分となった。
1999年篠塚利夫の車庫飛ばし電磁的公正証書原本不実記録の疑いで1999年10月15日、東京・目黒の自宅を警視庁に家宅捜索された篠塚利夫・内野守備コーチ。捜索後の記者会見で、「暴力団関係の会社とは知らなかった。以前からの知人だったので、名前を貸した」と釈明した。容疑事実は、簡単に言うと「車庫飛ばし」。篠塚コーチが取締役に名を連ねていた東京・渋谷の自動車販売会社「パパイノエール」が、人気の「品川ナンバー」を顧客に不正取得させるため、自社の住所で車庫証明を取って車の新規登録をしたとして、同社長が逮捕された。警視庁はこの会社を指定暴力団山口組系後藤組の関連企業と見ているが、篠塚コーチは約7年前の同社設立当初から役員欄に名前を連ねていた。
本人は「無報酬だった」と強調し、同社の営業などへの関与を否定しているが、一部では、巨人選手に同社からの車の購入を紹介したと報じられている。この不祥事で当初、篠塚コーチを「厳重注意処分」とした球団がその直後、年内の公式行事に一切出さない「謹慎処分」とした。
2000年杉山直輝の強制わいせつ致傷事件スナックに居合わせた女性の体に触れ、靴で頭を殴ったとして逮捕された事件。本件により解雇。
2003年小久保裕紀の無償トレード福岡ダイエーホークスの主力選手であった小久保裕紀内野手が、異例の無償トレードにより巨人へ移籍した件。ダイエー球団との確執が原因と小久保は語っている。なお、小久保は2007年に、親会社が代わった後の福岡ソフトバンクホークスへフリーエージェント制度を利用して復帰した。
2004年一場事件ドラフト候補であった一場靖弘投手(当時明治大学硬式野球部所属)に対し、日本学生野球憲章に抵触する裏金として総額約2,000,000円の現金を渡していたことを公表した事件。球界全体の慣習、暗黙の了解となっていた事も発覚、全球団に波及する大問題となった。本件により土井誠球団社長や三山秀昭球団代表など幹部4人が解任され、渡邉恒雄オーナーと堀川吉則会長が辞任した。なお、渡邉は後に会長として復帰した。
2011年清武の乱ヘッドコーチ人事を巡り、清武英利球団代表が渡邉恒雄取締役会長を不当な人事介入を行ったと告発した事に端を発する騒動。本件により清武は解任された。
2012年暴力団員への資金提供週刊文春は2012年6~7月、原辰徳前監督が過去の女性問題に絡み元暴力団員に1億円を支払ったとの記事を掲載。暴力団員と知って金を渡した場合は野球協約違反となるため、巨人側が記者会見で「反社会的勢力ではない」と嘘をついたとも報じた。
阿部慎之助の不倫阿部慎之助が12年7月にGカップグラドルと3夜連続の不倫密会を『週刊ポスト』(小学館)に抜かれた。
記事によると、阿部が試合後に段ボールを抱え、宅配便の配送人を装うような出で立ちで小泉のマンションを訪れたと報じている。手の込んだ不倫劇がきっかけで、『宅配屋慎ちゃん』と命名された。
入団契約金超過問題球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額(出来高払い50,000,000円を含む150,000,000円)を超える契約を、上限額を設定した2007年以前に多数の選手と結んでいた事を報道された件。(2012年3月15日の朝日新聞報道)ただし、本件は「標準額」が「上限額」となる以前の契約に関する事であるため、ルール違反等にはあたらない。
2013年杉内俊哉の不倫杉内俊哉がWBC日本代表に選ばれ、台湾戦を控えた3月8日発売の写真週刊誌「フライデー」に、左腕エース・杉内俊哉が先月の代表宮崎合宿中に起こした不倫スキャンダル記事が掲載されることが7日判明し、関係各所が対応に追われた。所属球団の巨人は、即座に“厳罰処分”を科すと表明。東スポWeb 3月8日(金)11時18分配信
2015年坂本勇人のベッド写真流出2015年のフライデー3月6日号に巻頭の袋とじページで、キャンプ宿舎に愛人連れ込んだ「ベッド写真」と題し、坂本勇人の一夜の一部始終が報じられた。
乱痴気騒動台湾の週刊誌「壹週刊」が電子版で報じたスキャンダル。侍ジャパンのメンバーが台湾で「プレミア12」に参戦していた11月12日のドミニカ共和国戦後に坂本を含む侍ジャパンの一部メンバーが、ナイトクラブで酒を片手に大騒ぎする様子が動画付きで配信された。動画に映っていたのは坂本のほか、澤村、中日・大野、広島・前田、西武・秋山ら88年組の面々。ナイトクラブの店内で、若い女性をはべらせてグラスを傾ける模様や、坂本が泥酔して路上に酒をまき散らす姿などがバッチリ映っていた。
2015年 – 2016年野球賭博事件2015年、福田聡志・笠原将生・松本竜也の3投手が野球賭博を行っていたことが発覚し、3選手に対して解雇・無期失格処分が下され、球団に10,000,000円の制裁金が科せられた。この事件の影響で、原沢敦球団社長が引責辞任した。更に、2016年3月8日には、高木京介も野球賭博に関与していたことが週刊文春の記事で発覚し、本人も認め、同年3月22日に本来なら無期失格処分だが自主申告、公開懺悔、既に賭博行為をやめている事の情状酌量を配慮して1年間の失格処分(同時期に球団に契約解除されたが処分解除後に育成選手として再契約。)で大幅に期間を短縮した。又、球団に5,000,000円の追徴制裁金が科せられた。
2017年越智大祐の結婚詐欺越智大祐が「婚約不履行」(結婚詐欺)によって、相手の女性に訴えられることを2月9日発売の週刊誌『週刊文春』が報じた。
山口俊の傷害事件山口俊が7月17日に酔って警備員に暴行を加え、病院の扉を壊すなどを行った疑いで、検察庁に送検された。8月18日に、球団は山口俊に対して2017年シーズン終了までの出場停止・減俸・罰金の処分が下された。
2018年SNSわいせつ動画流出事件6月10日、河野元貴、篠原慎平両選手がSNSでわいせつ動画を撮影し不特定多数に流出した事件。球団は河野元貴、篠原慎平に対して2018年シーズン終了までの出場停止・減俸・罰金の処分が下されたが処分期間中に読売ジャイアンツ球場内グランドの整備及び用具の準備、片づけを積極的の行った模範行為により、8月10日に出場停止のみ解除(但し、一軍公式戦の出場は不可。)した。これが原因で河野・篠原両選手は戦力外通告を受けた。
柿澤貴裕による窃盗・転売行為7月7日、柿澤貴裕選手が読売ジャイアンツ球場のロッカーから、チームメイトの野球用具を盗み売却し、約1,000,000円の収入を得ていたことが発覚。同日に解雇・無期失格処分が下され、翌日の7月8日に神奈川県警捜査三課により窃盗罪で逮捕された。
鈴木尚広嫁へのDV疑惑11月14日、オフから巨人の一軍外野守備走塁コーチに就任した鈴木尚広が、妻に暴力を振るうなどして離婚裁判に発展していると「デイリー新潮」(新潮社)が報道。「デイリー新潮」(新潮社)によると、結婚当初から自宅に寄り付かず、朝帰りしても妻を無視し、「このクズ」などと罵っていたとのこと。鈴木は妻を人と見ていなかったのか、胸ぐらを掴むなど暴力を日常的に振るうようになり、離婚協議へ発展。そこでも口論が絶えず、同コーチは扇風機を蹴り飛ばしたうえ、妻の顎を掴み振り回したうえ、顔にツバを吐きかけたという。
2020年阪神戦での円陣事件8月5日、阪神甲子園球場にて行われた、阪神タイガース6回戦の試合前の円陣にて、北村拓己内野手が相手先発の藤浪晋太郎投手を揶揄する内容のゲキを飛ばし、その動画が、読売ジャイアンツの公式Twitterに投稿され、問題となった。その後、動画は削除された。巨人側は球団の不手際を認めている。
2021年チームメイトへの暴行事件8月20日、北海道日本ハムファイターズから、暴力問題を起こして8月11日に無期限謹慎処分を下されていた中田翔選手を、処分からわずか9日で謹慎処分の解除された上で即日トレード・支配下選手登録し、更に翌21日には出場選手登録をされた。この対応、さらにはその後の起用について、古巣日本ハムだけでなく引き受け先の巨人も激しいバッシングに晒されることとなった。
2022年坂本勇人キャバクラ店で女性に傷害6月15日には『デイリー新潮』によって、坂本勇人が自身を接客していた女性にケガをさせ、550万円を支払っていたと報道された。記事によれば、坂本選手は2018年2月、宮崎市内のキャバクラ店で、接客した女性に『今日は(ホテルに)一緒に帰ろう」と言い寄ったが断られた。これに逆上し、坂本選手は女性の肩や太ももに噛みついたという。噛まれた場所は内出血し、しばらく痕が残ったとの証言も報じられている。
坂本勇人の女性問題9月10日に『文春オンライン』が報じた坂本勇人の新たな女性問題。2年以上前に坂本と知り合ったA子さんを妊娠させ、「おろすならおろすで早い方がいいやろ?」「おろしてくれるなら会うよ」などと迫り、自殺未遂に追い込んだという内容。

コメント

  1. 匿名 より:

    何が紳士だ ボケ 金かえせ

タイトルとURLをコピーしました