スポンサーリンク

加藤豪将 メジャー成績を振り返る

スポーツ
スポンサーリンク

本名、加藤・ジョン・豪将は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パウウェイ出身のメジャーリーガーです。両親とも日本人であるため、アメリカと日本の二重国籍です。

内野手、外野手を複数守ることが出来るユーティリティプレイヤーで、高校卒業後はカリフォルニア大学ロサンゼルス校への推薦入学が内定していましたが、2013年6月6日に行われたメジャーリーグのドラフト会議で、ニューヨーク・ヤンキースから2巡目(全体66番目)で指名されました。日本国籍を持つ選手がMLBドラフトの全体100番目以内で指名されるのは史上初の快挙です。

米挑戦10年目の2022年、ついに悲願の開幕ロースター入りを果たし、MLB史上初となる日本国籍のMLBドラフト指名による入団を経て40人枠入りした選手、および日本国籍でNPBを経ずに40人枠入りした史上初の野手となりました。

活躍を振り返ります。

【マイナー時代成績】

年度年齢クラス所属試合打席安打本塁打打点盗塁打率
201319ルーキーヤンキース傘下50184576254.310
2014201Aヤンキース傘下1213838533720.222
2015211Aヤンキース傘下3912420198.161
ルーキーヤンキース傘下59202585229.287
2016221Aヤンキース傘下65218501256.229
2017231Aヤンキース傘下843008864311.293
2018242Aヤンキース傘下1184339953511.229
2019253Aヤンキース傘下832627311398.279
2Aヤンキース傘下309723073.237
202026※開催なしマーリンズ傘下
2021273Aパドレス傘下1143501078428.306
通算76325536604628488.258

2022年 メジャー1年目  トロント・ブルージェイズ

2021年12月16日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

招待選手としてスプリングトレーニングに参加。

【オープン戦成績】

14試合 24打数8安打 1本塁打 3打点 2盗塁

打率.333 出塁率.370 長打率.542 OPS.912

好調を維持し、4月7日にプロ入り10年目にして初のメジャー(40人枠)昇格および開幕ロースター入りを果たした。日本国籍を有する選手が、MLBドラフト指名による入団を経て40人枠入りしたのはMLB史上初となった。

背番号は「29」。

4月9日、レンジャーズ戦の8回裏に、アレハンドロ・カークの代走でメジャー初出場を果たした。

NPBを経ずにメジャーデビューを果たした選手は、マック鈴木多田野数人田澤純一に続いて日本人史上4人目で、野手では日本人史上初。

しかし、チームが8日にトレードで獲得したブラッドリー・ジマーを28人枠に登録した影響で、28人枠を空けるために同10日にマイナー降格となった。

14日、テオスカー・ヘルナンデスの負傷者リスト入りに伴い、再びメジャー昇格。

21日、レッドソックス戦で「8番・二塁手」としてメジャー初先発出場。

安打は出なかったが、3回表のメジャー初打席では四球を選び、その後先制のホームを踏むなど、1打数無安打1得点であった。

26日、初盗塁を記録。

27日、レッドソックス戦で、4回裏にマイケル・ワカからメジャー初安打となる二塁打を放った。

5月1日、ブルージェイズは加藤豪将ボーデン・フランシスの2選手をAAA級バッファローへ降格させたことを発表した。

ロックアウトの影響でスプリング・トレーニングが短縮されたことを考慮して開幕からアクティブ・ロースターが28枠に拡大されていたが、明日から従来の26枠に戻されることを受けての措置となる。

メジャーリーグ公式サイトでブルージェイズを担当するキーガン・マシソン記者は、加藤について「加藤は開幕ロースター入りのあと、4月は数試合に出場し、4月27日(現地時間)にはメジャー初安打となる二塁打を記録した。

彼の汎用性と守備力を考慮すると、必要性が生じたときにすぐにメジャー再昇格を果たす有力候補と言えるだろう」と記している。

4日、ブルージェイズは加藤をメジャーの40人枠から外す(DFA)と発表した。

加藤のDFAは、元広島で傘下マイナーに所属していたケーシー・ローレンス投手(34)のメジャー昇格にともない、40人枠を空ける必要が出たための措置。

地元メディアによると、加藤は7日以内にトレード、契約解除、40人枠外のまま傘下3Aバファローに残留のいずれかが決まる見通しとなっている。

2022年 マイナー10年目  シラキュース・メッツ

7日、メッツが加藤をウエーバーで獲得したと球団公式ツイッターで発表した。

ブルージェイズから4日にロースター40人枠から外す手続きが取られ、ウエーバー公示にかけられていた。

傘下3Aシラキュースに合流。

6試合で打率4分5厘 0本塁打 2打点

2022年 メジャー1年目  ニューヨーク・メッツ

17日、メジャーに昇格。

リリーフ投手のジェイク・リードをAAAへ降格させ、AAAにいた加藤豪将をアクティブ・ロースターに加えた。

カージナルスとのダブルヘッダー第1試合終了後に発表され、第2試合でベンチ入り。

背番号は、かつて松井稼頭央がメッツ時代に付けていた「25」。

また、ダブルヘッダーの1試合目が始まる前に、メッツは、外野手のスターリング・マーテイを「忌引きリスト」に入れ、リリーフ投手のスティーブン・ナゴーシックをAAAから昇格させている(ダブルヘッダーの日だけ、ロースターに1人追加できる「27人目の選手」として、こちらも投手のアドニス・メディーナも昇格)。

マーテイの離脱は、祖母の逝去によるもの。

数日後にマーテイが戻ってきた際、降格となる可能性もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました