大谷翔平 メジャー成績を振り返る

スポーツ
スポンサーリンク

「2刀流」という用語を身近にした選手であり文字通り、投手・野手の両方を兼任する選手です。

北海道の球団。北海道日本ハムファイターズに入団し、

2014年は投手としては24試合に登板し、11勝4敗、防御率2.61を記録。打者としては86試合に出場し、打率.274、10本塁打、31打点を記録しました。

2015年には、投手にて15勝、防御率2.24、勝率.750で最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝き、 2016年には、NPB史上初の「10勝、100安打、20本塁打」を達成。

その後2018年にメジャーに挑戦を表明し、ロサンゼルス・エンゼルスに入団しました。

現在のスポーツ選手で最も知名度のある選手であろう大谷翔平のメジャーでの成績を振り返ります。

彼の挑戦は全て歴史的なもので、常にメジャーの歴史に挑戦している選手です。

2018年 メジャー1年目 ロサンゼルス・エンゼルス

2017年12月9日にロサンゼルス・エンゼルスと契約合意に至ったと発表され、同日に球団側も大谷の獲得を表明した。背番号は「17」。翌10日にマイナーリーグ契約を結び、ルーキー級アリゾナリーグ・エンゼルスに配属され、本拠地のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで入団記者会見が行われた。

2月6日、スプリングトレーニングに招待選手として参加。ただ一人投手&野手の練習に参加した。(午前中は投手練習。その後野手練習。)

オープン戦では投手として2試合で先発登板、打者としても指名打者で11試合で起用されるが、防御率27.00、打率.125、0本塁打、長打0と投打ともに不振にあえいだ。

投手ではメジャーのボールに合わなかった。そのため変化球の制球がきかず、速球は日本時代とは変わり打者が対応でき痛打されるケースが多くなった。

打者ではメジャー特有の動くボールに対応が出来なかった。

対応策として、バッティングフォームを足の上下を減らすためノーステップに変更し、頭の動きを減らすことに意識を置き、ボールになれるためランニングの時など常にボールを握るようにし、手になじませた。

3月28日にメジャー契約を結び、ロースター入りした。

3月29日、開幕戦で「8番・指名打者」で先発出場し、初打席初安打を記録。( 右前安打 )

4月1日のアスレチックス戦で6回3失点で初登板初勝利した。

4月3日、で指名打者として出場し、第1打席で初本塁打を放った。( 1回裏にジョシュ・トムリンから右越3ラン )

4月6日のアスレチックス戦の第1打席で、3試合連続となる第3号ホームランを放った。日本人による3試合連続ホームランは、2004年9月と2007年7月に記録した松井秀喜以来2人目であり、1年目の4月に達成したのは日本人選手史上初。メジャー史上では4人目の快挙。

4月8日に本拠地初登板となったアスレチックス戦で、7回を投げ1安打12奪三振1四球の快投を見せ、開幕2勝目を挙げた。新人投手としてデビューから最初の2試合で6奪三振以上は、球団史上3人目の記録。また、デビュー登板から2試合のうちに12奪三振を記録したのは、ア・リーグタイ記録であり。開幕から10試合で2勝&3本塁打は1919年のジム・ショー以来99年ぶりの快挙となった。この活躍に週間MVPに初受賞した。また、1973年にア・リーグで「Players of the Week」が作られて以降、二刀流選手としては初の選出となり。1年目の日本人選手で4月上旬の選出は最速で、23歳9ヶ月というのも最年少記録となった。

4月27日のヤンキース戦で、メジャー初の5番・指名打者で出場し、第1打席で第4号本塁打を放った。1カ月での4本塁打、25奪三振達成は1971年9月のファーガソン・ジェンキンス以来、47年ぶり史上4人目。

5月2日に、4月のア・リーグルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された。

6月8日、右肘の内側側副靱帯を損傷し、自身初となる10日間の故障者リストに登録されたが、7月3日、6番・DHで6月4日以来、約1ヶ月ぶりに打者として復帰した。

7月23日のホワイトソックス戦(エンゼル・スタジアム)で8号ソロを放った。これまでの本塁打全てが本拠地エンゼル・スタジアムで放ったものであり、新人選手が最初の8本(最終的に9本)全てをエンゼルスタジアムで放ったのは球団史上初となった。

8月3日、敵地クリーブランド・インディアンス戦に3番・DHで先発出場し、マイク・クレビンジャーからメジャー初となる第1打席に先制10号2ラン、続いて第2打席に2打席連続の第11号ソロ本塁打を放った。メジャー1年目での日本人選手による2桁本塁打到達は2012年の青木宣親(10本)以来、6年ぶり7人目。

9月2日、アストロズ戦で6月6日のロイヤルズ戦以来88日ぶりに投手として復帰登板した。1シーズンで10試合に先発登板し、かつ10本塁打を記録したのは、ベーブ・ルース以来の出来事で史上2人目の快挙。

9月5日の試合前にMRI検査の結果、大谷の右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師からは靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を勧められていると発表。

9月7日、5番・DHで出場したホワイトソックス戦でカルロス・ロドンから3試合連続の第19号勝ち越し3ラン本塁打を放ち、城島健司(2006年)に並んでいた日本人1年目の本塁打記録を更新し、単独1位となった。

9月10日、今シーズン2度目となる9月3~9日までの週間MVPに選ばれた。日本人メジャーリーガーのシーズン2度目は1996年の野茂英雄以来2人目となり、1年目では史上初の選出となった。

9月15日、第一打席に第20号ソロ本塁打を放った。日本人選手のシーズン20本以上は松井秀喜に次いで史上2人目。

このシーズンは打者として104試合(代打22試合)に出場し、打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。投手としては10試合に先発登板し4勝2敗、防御率3・31の成績を残し、メジャー史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」を達成し、シーズンを終了した。

10月1日、ロサンゼルス市内の病院でトミー・ジョンを行う。同日、9月のア・リーグルーキー・オブ・ザ・マンスに選ばれた。4月以来2度目の受賞となり、日本人選手が同賞を複数回受賞するのは2001年のイチロー以来。

2位のミゲル・アンドゥハーに48ポイントの大差をつけ、ア・リーグの新人王に選ばれた。日本人選手の受賞は2001年のイチロー以来17年ぶり4人目。

■成績

【投手】

















































W
H
I
P
10100004200.66721151.23862201635019193.311.16

【野手】













































O
P
S
114367326599321222184611040137221022.285.361.564.925

2019年 メジャー2年目 ロサンゼルス・エンゼルス

リハビリを重ね、5月7日に打者として復帰。6月13日のレイズ戦では「3番・指名打者」で出場し、日本人初のサイクルヒットを達成した。(アジア人では2人目。2015年7月21日秋信守が達成)

6月27日のアスレチックス戦で2年連続2桁本塁打となる10号2ランを放った。日本人メジャーリーガーで入団から2年連続10本以上の本塁打を打ったのは、松井秀喜、井口資仁、城島健司、福留孝介に次いで5人目。

9月12日、翌13日に左膝蓋骨の手術を行うと発表した。全治まで8週間から12週間の予定で、2019年シーズンは終了。

106試合に出場し、384打数110安打、18本塁打、62打点で、打率.286をマーク。

■成績

【野手】




 










本塁打
 
 
  

 







 





 








OP
S
1064253845111020518194621230433121106.286.343.505.848

2020年 メジャー3年目 ロサンゼルス・エンゼルス

今シーズンから”Two-Way Player”(二刀流選手)がルール上定義され、大谷はMLB初の適用選手となった。”Two-Way Player”は、昨年まで不可能だった「投手として負傷者リスト (IL) 入りし、マイナーリーグ公式戦でリハビリ登板しながら (rehab assignment) 、同時に野手としてMLB公式戦に出場する」ことが可能となり、エンゼルスは開幕から大谷をDHで起用しつつ、同時にマイナーで調整登板させ、5月中旬を目処にMLBで復帰登板させるプランを発表した。しかし、新型コロナウィルス感染症拡大の影響でシーズン開幕が7月下旬に延期となり、二刀流での起用が開幕から可能となった。

例年通りオープン戦は途中まで行われていたが、 上記記述通り新型コロナウィルス感染症拡大の影響でシーズン開幕が7月下旬に延期となる。

【オープン戦成績】

9試 打率.105(19-2) 本0 点1 三振11

7月26日のアスレチックス戦で2018年9月2日以来693日ぶりに復帰登板を果たしたが、1回途中1死も取れず3安打、3四球、5失点で降板し、敗戦投手となった。

8月2日のアストロズ戦ではこの試合最速156㎞/hの速球が2回途中から140km/h台に落ち、1回2/3を無安打5四球2失点3奪三振で降板。この登板後にMRI検査を受け、「右屈曲回内筋群の損傷、投球再開まで4~6週間」と診断され、今シーズン中の復帰登板は絶望的となり、投手としては上記2試合だけの出場に終わった。負傷者リスト登録はせず、同月6日からDHとして出場を続けたが、44試合で153打数29安打、打率.190、7本塁打、24打点の成績に終わった。

今シーズンを「打たれた原因が自分の投げ心地の悪さとか、出来の悪さだと思うので、自信を持って投げた球が打たれたなら、どこが悪かったとか何が良くなかった何が良かったがあると思うが、根本的に自分の投げ心地がよくないとそういう反省もなかなかできない。今年に限っていえば2試合ともそういう感じの試合だった」と振り返った。

■成績

【投手】









無四






































W
H
I
P
220000100.000161.2308003107737.806.60

【野手】




 













 

 

 







 





 








OP
S
441751532329607562471002200503.190.291.366.657

2021年 メジャー4年目 ロサンゼルス・エンゼルス

2020年シーズン終了時に年俸調停権を取得したが、年俸交渉は越年となり、2021年2月9日に年俸調停を回避して2年総額850万ドルで契約合意した。

今シーズンからバットの素材の素材を「アオダモ」から、シラカバの仲間の「イエローバーチ」に変更した。

用具を提供するアシックス社との面談で、「アオダモの柔らかさでボールを運ぶイメージから、はじき返すイメージに変えたい」と要望し、アオダモに比べてイエローバーチはスイング時のしなりが少ない一方、やや硬い打球感が得られると言われる。

アオダモほどではないものの、現在日米で主流となっている「メープル」に比べれば、しなりと柔らかさに優れる。このため、打った瞬間に球とバットが接触する時間はメープルより長くなり、打球をコントロールしやすい。

昨年に続き、コロナウイルスにて開幕時期、試合数が討論されるも通常の162試合にて4月1日に開幕。

【オープン戦の成績】

【投手】 4試合(4先発)0勝3敗0セーブ 防御率12.19 10.1イニング 奪三振17 与四球10 WHIP 2.42

【野手】 13試合 打率.548(31打数17安打)5本塁打8打点 三振4 四球3 出塁率.571 OPS 1.604

開幕試合は「2番・DH」にて先発出場。4打数無安打だったが、2試合目の5打席目にて第1号本塁打を放つ。

本来の起用法「2刀流」にて4月4日、「2番・投手」で出場。第1打席で相手先発シースの初球、97マイル(約156・1キロ)の高め直球を捉え右中間スタンド運んだ。

この本塁打で、 メジャー通算49号となり城島健司氏を抜いて日本選手単独3位となった。投げては 4回2/3を投げ7三振を奪うなど2安打3失点(自責点1)だった。メジャー移籍4年目で公式戦では初の“リアル二刀流”(DH解除の先発出場)で臨んだが、あと1人で勝利投手の権利をつかむ場面で、最後は走者と交錯し、マウンドを降りた。

4月9日、 「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で4試合ぶりとなる3号本塁打を放ち、メジャー通算50号に到達した。 通算50本塁打は、打者通算262試合、997打席目での到達。日本人最速ペースである。(松井秀喜は329試合、1393打席目、 メジャー3年目の2005年に50号に到達 )

4月21日、本距離アナハイムでのレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。3回に日米通算100号本塁打となる5号を放った。(日:48本 米:52本)

4月24日、3回2死走者なしで迎えた第2打席で、バックスクリーン左へ飛び込む6号ソロとなったこの試合の8回裏には指名打者を解除され、メジャーでは初めて左翼の守備に就いた。 外野守備は日本ハム時代の2014年7月13日対ソフトバンク戦(札幌ドーム)以来、2478日ぶり。

5月6日、 シーズン10号の本塁打を放つ。日本人最速で打者28試合、116打席で到達だった。

5月17日にはシーズン13号の本塁打を放ったが、これが日本人初のシーズン中ホームランダービー単独トップとなった。

6月14日、第91回オールスターゲームのファン投票中間発表を行い、ア・リーグ指名打者部門で52万6608票を集め1位となった。

15日のアスレチックス戦に「2番・DH」で先発出場し、8回の第4打席に右中間スタンドへ22打席ぶりの18号アーチを放った。 オールスター戦までの前半戦に日本人打者で最も本塁打を打っていたのは2004年松井秀喜(ヤンキース)の17本だっただが、6月中にそれを塗り替えた。

17日、試合前7月12日(同13日)にオールスター戦の前夜祭として行われるホームランダービーに日本人初出場することを表明した。 大谷は「単純に日本人が出ているところが見てみたい。そんな単純な理由なんですけど、ワクワクしています」と喜びを語った。

投手がMLBのホームランダービーに出場するのは史上初の快挙となる。投手役はエンゼルスのブルペン捕手が務める。「誰よりも遠くに飛ばせるように頑張りたい。普段通りの打ち方をすれば、飛んでくれるかなと思っています。もちろん出るからには(優勝を)目指したいなと思います」と意気込みを語った。

また、 「依頼が来たので、そこから考えて。出てみたい気持ちが強かった。高校の時は投手で行くもんだと思っていたので、こうなると思ってなかった。予想外のことかなと思います」。ホームランダービー優勝者は後半戦で調子を崩すというジンクスもある。「やってみないことには。何事にも経験しないことには分からないと思います」と言い切った。

この日の試合のタイガース戦で20号、21号のマルチ本塁打を放つ。

シーズン20号にチーム70試合目(打者65試合出場)、6月18日に到達した。これまで日本人メジャーの20号到達は2004、2007年松井秀喜のチーム106試合目が最速だった(04年106試合出場、07年93試合出場)。最速到達日は松井秀の2007年7月31日ホワイトソックス戦だったが、大幅に塗り替えた。

19日、昨日に続き22号を放ち、渡米1年目の2018年に記録した自身最多本塁打数22本に並んだ。

20日、23号を放ち自己最多本塁打を更新した。

29日、3試合連続&2打席連続の本塁打(27号・28号)で、6月はこれで13本塁打となり、プホルスらと並ぶエンゼルスの球団タイ記録となる。また松井秀喜がヤンキース時代の2007年に記録した日本人の月間最多本塁打記録にも並んだ。

この本塁打により再び、シーズン中両リーグにてホームランダービー単独トップとなった。

7月1日、オールスター戦の先発出場野手を決めるファン投票の最終結果を発表し、ア・リーグ指名打者(DH)部門トップで初出場を決めた。野手が対象となるファン投票での出場は、日本勢ではイチロー、松井秀喜、福留孝介に続き4人目となる。

2日、6月の月間最優秀選手(MVP)に初受賞。日本人野手ではイチロー(2004年8月)、松井秀喜(2007年7月)に次いで3人目。

6月に25試合出場し、打率.309、13本塁打、23打点、4盗塁、OPS1.312をマーク。2度の3試合連発を記録するなど月間13本塁打は球団タイ記録だった。また、投手では5試合登板し、2勝0敗、防御率4.94。23回2/3を投げて33奪三振をマークした。

この日29、30号を放ち日本人2人目の30本塁打を達成。

29号はマイク・トラウトが持っていたオールスター前の球団(エンゼルス)最多本塁打記録を更新し、さらに開幕81試合での30本塁打、10盗塁はア・リーグ史上初となった。  

ナ・リーグでは1998年にサミー・ソーサ、2009年にアルバート・プホルスが同じ偉業を成し遂げている。

4日、 31号を放って、2004年に松井秀喜(ヤンキース)がマークした日本人最多となる31号に並んだ。松井は同年9月30日のツインズ戦、159試合目での到達だったが、大谷は83試合目。

試合後は「小さい頃から見ていた、あこがれていた選手に並べたのはすごくうれしいことだと思います」と喜んだ。

また試合前、米スポーツ局「ESPN」で13日のオールスター戦に出場する投手と控え選手が発表され、ファン投票のア・リーグ指名打者部門で初選出された大谷は、ア・リーグ先発投手の選手間投票5位(121票)でも選ばれ史上初二刀流選出となった。

6日、6月28日から7月4日の週間MVPを受賞。6月第3週に続いて今季2回目、通算4回目の受賞となった。(6試合に出場し21打数6安打すべて本塁打で打率2割8分6厘、8打点 )

この日、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発し、7回を5安打2失点で4勝目。日米通算50勝目(日本ハムで42勝+エンゼルスで8勝)をマークした。

7日、 32号本塁打を放ち、2004年ヤンキース時代の松井氏が持つ日本人最多本塁打記録を17年ぶりに塗り替えるメモリアル弾となった。

松井さんは「シーズン32本塁打は、大谷選手のバッティングを持ってすれば、ただの通過点に過ぎないと思います。大リーグでは私も長距離打者とは呼ばれたことはありましたが、彼こそが真の長距離打者だと感じます。また、大谷選手は素晴らしいピッチャーです。大リーグの常識を変えた唯一無二の存在です。今後もファンの方々や少年たちの夢を背負い、シーズンを乗り切って欲しいと思います。私も一野球ファンとして、楽しみにしています」とコメントした。

このコメントに対し大谷は、「子供のころからずっと見ていたので、光栄だなと思います」と語り、 「素直にうれしいですし、わざわざコメントしていただけるのもうれしいなと思います。まだまだ打てるように、期待に応えられるように頑張りたいなと思います」と回答した。

9日、2試合連続の33号本塁打を放つ。 外国人選手によるオールスター戦前の33本塁打は通算609本塁打のサミー・ソーサに並んで歴代トップとなった。 また、マリナーズ広報によると、打球速度約188キロは、Tモバイルパークで出た本塁打の中で史上最速。

この一発で大谷は直近21試合で16本目の本塁打。長いメジャーリーグの歴史の中で21試合で16本塁打は1901年以降で史上最多タイ。MLB公式サイトのサラ・ラングス記者によると、過去に21戦16発を記録した選手は大谷と今季のシュワーバーのほか、1998年のサミー・ソーサ、1999年のマーク・マグワイア、2001年のバリー・ボンズ、2017年のジャンカルロ・スタントンとJD・マルティネスに並んだ。

10日、 アメリカのスポーツ界で最高の栄誉とされるESPY( Excellence in Sports Performance Yearly Award(エクセレンス・イン・スポーツ・パフォーマンス・イヤーリー・アワード) )賞の授賞式が10日にニューヨークで行われ、大谷が日本人初の「最優秀MLB選手賞」に授賞した。

【前半戦成績】

84試合 84安打 33本塁打 19二塁打 4三塁打 70打点 65得点 12盗塁 38四球 3死球 98三振 打率.279 出塁率.364 長打率.698 OPS1.062

12日、クアーズ・フィールドで行われたホームランダービーに日本人で初めて出場。

フアン・ソト(ナショナルズ)との1回戦は延長の末に28本で並び、3スイング対決の再延長で敗れた。

また、 大リーグのオールスター両リーグ監督会見が行われ、大谷をア・リーグの先発で登板することが発表され、打順は「1番・DH」として発表された。ア・リーグを率いるレイズのケビン・キャッシュ監督は大谷の起用について投打の「二刀流」で出場できるよう、指名打者制を解除しなくて済む特別ルールが適用されると説明した。これにより史上初投打の「二刀流」でプレーすることになった。

13日、オールスター戦に 「1番DH」で出場。打者としては2打数無安打。

【1打席目】投手:マックス・シャーザー (ナショナルズ) セカンドゴロ

【2打席目】投手:コービン・バーンズ (ブリュワーズ) ファーストゴロ

投手では特別ルールで1回裏の先発マウンドに上がり、1回を3者凡退に抑え、二回に味方が先制し、そのままリードを保ったことから、球宴のルールで白星を手にした。

【1回裏登板】

1番:フェルナンド・タティスJr.(パドレス) レフトフライ

2番:マックス・マンシー(ドジャース)セカンドゴロ

3番:ノーラン・アレナード(カージナルス)ショートゴロ

日本人2人目の勝ち投手になった。日本選手が勝利投手になるのは2大会連続。(2019年に田中将大が日本人初勝利)

26日、メジャー自己最多の5勝目を挙げた。

「ESPNスタッツ&インフォ」によると、100奪三振以上を記録した選手が同一シーズンで放った本塁打数の最多は1931年ウェス・フェレルの9本塁打だった。大谷は本塁打記録を大幅に更新した。

8月2日、7月の月間最優秀選手(MVP)に受賞した。6月に続く2か月連続。7月は23試合出場し、リーグトップタイの9本塁打。打率.282、19打点、4盗塁。OPS1.067。投手としては3試合登板し、2勝0敗、防御率1.35。20イニングを投げて17奪三振、1四球。

日本人野手の月間MVPは、イチロー(2004年8月)と松井秀喜(2007年7月)が過去受賞しているが、複数回は史上初めて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました