【上沢直之 メジャー】上沢直之 メジャー成績を振り返る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ

2024年 マイナー1年目 AAA級ダーラム・ブルズ(1球団目)

11月28日、メジャー挑戦を目指したポスティングシステム申請が行われた。

2024年1月11日、タンパベイ・レイズとマイナー契約。2月から始まるスプリングトレーニングには招待選手として参加することになった。レイズとの契約を選んだ理由について、「投手育成の成功と豊かな歴史にとても引かれた」と述べ、複数球団からのメジャー契約のオファーを断ったと報じられた。

22日、上沢が開幕をマイナーリーグで迎えるとアメリカメディアが報じた。 記事によると、マイナーリーグ契約でスプリングトレーニングを積んだ6選手は、上沢を含め、シーズン開幕までにメジャー・リーグのチームに参加しないと伝えられたという。タンパベイ・レイズタイムズのマーク・トプキン記者も自身の公式Xで上沢らが開幕をマイナーで迎えるとポストしている。上沢はオープン戦に4試合・9回2/3を投げ、0勝1敗、防御率13.03だった。

24日、オプトアウト(契約破棄条項)を行使して、他球団との契約を模索することになったと地元紙の「タンパベイ・タイムズ」が報じた。メジャー契約を提示した球団があれば、レイズはメジャーに昇格させるか、トレードで放出するかの選択を迫られる。

2024年 マイナー1年目 AAA級ウースター・レッドソックス(2球団目)

28日、レッドソックスがレイズから金銭トレードで上沢獲得し、メジャー契約を結んだと発表した。開幕ベンチメンバーの26人には入らず、フロリダ州の球団施設で調整する。レッドソックスのコーラ監督は「いいスプリットを持っている。いつチームに合流するかは分からないが、現在はいくつかの改善に取り組んでいる」と話した。

4月5日、傘下3Aウースターに合流。

10日、公式戦で今季初登板。先発投手として5回79球を投げて3失点。先頭打者にいきなり三塁打を許すと、昨季MLBで9本塁打を放った有望株ビエントスに2ランを被弾。立ち上がりに2点を失った。2回裏も四球でランナーを背負ったが、初三振を奪うなど無失点。3回裏は、初回に長打を許した2選手を三振に仕留め、三者凡退で終えた。しかし4回裏、二死一塁からMLB通算1096試合出場のホセ・イグレシアスに適時二塁打を浴び、再び失点。続く5回裏は僅か9球で三者凡退とし、この回をもって降板。この試合は5回79球を投げて4安打、1四球、5奪三振、3失点という内容。

16日、2試合目の先発マウンドに上がり、今季初勝利を挙げた。初回は先頭にいきなり二塁打を許し、1死三塁で先制の適時左前打を浴びた。2回以降、4回までは走者を背負いながらもしのぎ追加点を許さなかったが、5回に死球と安打で2死一、三塁としたところで3ラン本塁打を浴びたが、打線の援護を得てリードを保って交代。5回を6安打4失点、2死球5奪三振。これで1勝1敗、防御率は6.30。

コメント

タイトルとURLをコピーしました