【新外国人 2023】2023年プロ野球 各球団獲得新助っ人外国人選手一覧【アリスティデス・アキーノ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ

各球団獲得助っ人外国人選手一覧

パ・リーグ

オリックス・バファローズ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月27日AAA級リノ・エーシズ(ダイヤモンドバックス傘下)レアンドロ・セデーニョ121内野手244000万円(推定)メジャー経験はなし。マイナー通算では打率.289、74本塁打306打点。今季は2Aで109試合に出場して30本塁打、打率.310をマーク。3Aでは14試合で2本塁打、打率.291だった。過去にメジャーとその傘下球団で計測された中で最長となる527フィート(約161メートル)の本塁打を放っていた。
1月24日AAA級サクラメント・リバーキャッツ(ジャイアンツ傘下)ジャレル・コットン42投手319000万円(推定)ロサンゼルス・ドジャース
2012年MLBドラフト20巡目(全体626位)
2016年にアスレチックスでメジャーデビュー。2017年に24試合登板、9勝10敗、防御率5.58をマークした。昨季はジャイアンツで5登板で2勝0敗、防御率6.75。通算82試合登板、17勝12敗、防御率4.50。主にリリーフで、投球イニングを上回る三振を奪うスタイル。「シュウィンデルはパワーとミート力もあって、結構バランスのいい選手。中心の選手が抜けてるので、そこをカバーしてくれる1人になったら良いなと思う。(横田球団本部長)」
1月24日シカゴ・カブスフランク・シュウィンデル23内野手309000万円(推定)カンザスシティ・ロイヤルズ
2013年MLBドラフト18巡目(全体534位)
ロイヤルズ時代の2019年にメジャーデビュー。2021年にアスレチックスとカブスでプレーし、昨季は72試合出場、打率.229、8本塁打、36打点。通算145試合出場、打率.269、22本塁打、79打点。右の長距離砲で主に一塁を守り、中軸候補として期待される。「コットンは馬力はあるし複数イニングも可能かなと。中でいい仕事をしてくれるのかなと思います。(横田球団本部長)」

福岡ソフトバンクホークス

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月20日マイアミ・マーリンズウイリアン・アストゥディーヨ4内野手31135万ドル(約1億8300万円)+出来高フィラデルフィア・フィリーズ
2008年アマチュアFA
メジャー通算190試合で打率.267、16本塁打、70打点。今季はマーリンズで21試合で打率.241、1本塁打、4打点。遊撃手以外の投手を含む8ポジションで出場経験があり、ユーティリティープレーヤーとして重宝されてきた。捕手としてもメジャー通算53試合に出場しており、藤本監督は「第3捕手」としての起用も想定している。「三振をしない男」としても知られており、メジャー通算588打席で喫した三振はわずか28。一方で、選んだ四球もわずか11。
12月22日レキシントン・レジェンズ(米独立リーグ)コートニー・ホーキンス10外野手29シカゴ・ホワイトソックス
2012年MLBドラフト1巡目(全体13位)
メジャー経験は無し。マイナー通算692試合で104本塁打、打率.226、出塁率.287、長打率.408。今季は米独立リーグのレキシントン・レジェンズでプレーし、127試合でいずれもリーグトップの48本塁打、125打点をマークして最優秀選手賞(MVP)にも選出。「打撃は使えそう。タイミングの取り方とかも日本向き(藤本監督)」
12月24日ホセ・オスーナ173外野手15オスーナは長打力とコンタクト能力を併せ持った若手ドミニカ人長距離打者。弱冠15歳ながら、150キロ台後半の速球にも打ち負けないバットスピードがあり、スイングもコンパクトで柔らかさがある。将来のクリーンアップを打てるポテンシャルを秘めた選手。

東北楽天ゴールデンイーグルス

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月1日ワシントン・ナショナルズマイケル・フランコ23内野手30フィラデルフィア・フィリーズ
2010年アマチュアFA
メジャー通算923試合出場、130本塁打467打点。2014年にフィリーズでメジャーデビュー。15年から5年連続で2桁本塁打を放ち、152試合に出場した16年にはキャリアハイの25本塁打をマーク。今季はナショナルズで103試合に出場。打率2割2分9厘、9本塁打、39打点。
12月8日ピッツバーグ・パイレーツマニー・バニュエロス13投手31ニューヨーク・ヤンキース
2008年 アマチュアFA
メジャー通算58試合登板で、6勝9敗、防御率5.64。今季はヤンキースを含め2球団で35試合に登板し、2勝1敗1セーブ、防御率4.39をマーク。スリークオーターから多彩な変化球を繰り出す技巧派左腕で、マイナーでは163試合の先発経験を持つ。

埼玉西武ライオンズ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月16日テキサス・レンジャーズヘスス・ティノコ54投手271億円(金額は推定)トロント・ブルージェイズ
2011年アマチュアFA
メジャー通算48試合に登板し、0勝3敗、防御率4.05。今季はレンジャーズで17試合に登板し防御率2.18。平均球速96マイル(約154.5キロ)のツーシームを軸に、スライダーとカーブを交える投球スタイル。
「動きのあるボールで三振を奪うことができるピッチャーです。まだ若いし、伸びしろもあると思います。大事な場面でのリリーフ投手として活躍してくれることを期待しています(渡辺久信GM)」
12月20日オークランド・アスレチックスデビッド・マッキノン30内野手28ロサンゼルス・エンゼルス
2017年MLBドラフト32巡目(全体955位)
メインポジションは一塁だが、三塁での出場経験もある右打ちのスラッガー候補。今年6月にメジャーデビュー。8月にアスレチックスに移籍し、2チームで計22試合に出場して打率.140、0本塁打6打点。
今季マイナーでは79試合に出場し打率.318、15本塁打、54打点、OPS1.001。マイナー通算では36発を放っている。
「長打力が魅力で、非常にアグレッシブな選手です。クリーンアップの一角を担ってくれることを期待しています(渡辺久信GM)」
12月24日シカゴ・ホワイトソックスマーク・ペイトン10外野手31ニューヨーク・ヤンキース
2014年MLBドラフト7巡目(全体212位)
メジャー通算40試合出場で打率.164、0本塁打1打点ながら、マイナーでは通算760試合出場で打率.288、95本塁打408打点。
今季メジャーで8試合に出場し3安打。マイナー3A級では今季119試合に出場し打率.293、25本塁打、95打点、15盗塁、OPS.908。米国代表で出場した19年プレミア12で1番打者も務めた実績がある。
「体は小さいですが、今のチームのニーズに合った選手です。パンチ力もあり、広角に打つこともできます。足も速いので、1番打者や3番打者として期待しています(渡辺久信GM)」

千葉ロッテマリーンズ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月14日デトロイト・タイガースルイス・カスティーヨ41投手27
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2012年アマチュアFA
チェンジアップ、スライダー、ツーシームなど多彩な変化球を併せ持ち、サイド気味に投げる190センチ右腕。先発、リリーフ両方が可能な投手。今季、メジャーデビューを果たし、3試合に登板した。
「右のスリークオーター、サイド気味に投げる投手。先発もリリーフもできると思います。ストレートも速いですし、チェンジアップ、スライダー、ツーシームも精度が高く楽しみです。コントロールもいいので日本向きだと思います(吉井監督)」
1月20日ミルウォーキー・ブルワーズルイス・ぺルドモ55投手29セントルイス・カージナルス
2010年アマチュアFA
2016年にパドレスでメジャーデビュー。通算では147試合(うち先発61)に登板し、23勝31敗、防御率5.12。昨季は14試合に救援登板し、3勝0敗、防御率3.80。「映像を見た印象としてはゴロで打たせてとるタイプかなと思います。コントロールもいい。ピッチングスタイルとしては先発もできると思っていますが、ここ数年は短いイニングを投げているみたいですので、起用方法は実際に見てから考えたいと思います(吉井監督)」
1月25日カバジェロス・デ・サンティアゴ(ドミニカ)ダリットソン・フェリス131投手232017年からインディアンズ傘下でプレーし、2021年は傘下1Aで29試合登板、4勝3敗、防御率7.09。マイナー通算63試合9勝18敗、防御率6.64。

セ・リーグ

東京ヤクルトスワローズ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月5日シンシナティ・レッズライネル・エスピナル58→99投手3165万ドル(約8700万円)+出来高(金額は推定)
ニューヨーク・ヤンキース
2013年アマチュアFA
190センチの大型右腕で、最速は150キロを超えるという。
2021年にレッドソックスでメジャー初登板。今季は8月にレッズとマイナー契約を結び、9月にメジャー昇格。2試合に登板し、0勝1敗。マイナーリーグでは通算189試合登板のうち72試合に先発し、40勝34敗、防御率3.75。
「合わせづらいのか、打ちづらいのかっていう。投げ方も、腕の出どころみたいなのもちょっと変則でもあるし、肘から先がよくしなる投げ方(奥村政之国際グループ担当部長)」
12月20日ピッツバーグ・パイレーツディロン・ピーターズ63投手3075万ドル(約1億円)(金額は推定)マイアミ・マーリンズ
2014年MLBドラフト10巡目(全体597位)
メジャー通算59登板で13勝12敗、防御率5.30。今季パイレーツで22登板、5勝2敗、防御率4.58。最速151キロを誇る左腕で、球種も豊富。縦に大きく鋭く曲がるカーブに打者のタイミングを絶妙に外すチェンジアップ、横に滑るように曲がるスライダー、140キロ台後半と高速で変化するシンカーを操る。打たせて取る丁寧な投球術が魅力。「先発経験が多く、メジャーの実績と右肩上がりの調子の良さをメインに獲得した。強い球を低めにズバッと投げられる。勝てる先発の1人として期待している。サイスニード、(新外国人の)エスピナルと3人の外国人が先発の枠を競争してほしい(奥村政之国際グループ担当部長)」
12月21日AAA級オクラホマシティ・ドジャース(ドジャース傘下)キオーニ・ケラ11投手29年俸100万ドル(約1億4000万円)+出来高払いテキサス・レンジャーズ
2012年MLBドラフト12巡目(全体396位)
最速160キロの直球と鋭いカーブが武器。メジャー通算243試合227回1/3を投げ279奪三振で、防御率3・33。マイナー通算113試合で9勝9敗15セーブ、防御率3・02。今季はドジャースとマイナー契約を結び、19試合18回2/3に登板して20奪三振で自責点11。「彼のカーブは高速でキレのあるたたきつけるカーブで、思わず手が出ちゃうと思う。今はまったく治療をしていない。ウインターリーグでも投げる準備をしていたくらい。1月下旬に来させて、一緒に浦添に入れるように準備しています。3月下旬の開幕に備えてほしい(奥村政之国際グループ担当部長)」

横浜DeNAベイスターズ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
11月28日アリゾナ・ダイヤモンドバックスジェフリー・ベンジャミン・ウェンデルケン49投手29総額305万ドル(約4億2500万円)ボストン・レッドソックス
2012年MLBドラフト13巡目(全体421位)
通算144試合で10勝6敗2セーブ、防御率4・00。今季はダイヤモンドバックスで29試合に登板し、2勝1敗1ホールド、防御率5・28だった。直球は平均153キロをマーク。落差のあるチェンジアップ、スライダーも操る本格派右腕。
12月23日AAA級タコマ・レイニアーズ(マリナーズ傘下)トレイ・アンバギー42外野手283500万円(推定)ニューヨーク・ヤンキース
2015年MLBドラフト13巡目(全体393位)
2021年7月16日レッドソックス戦でメジャーデビューし、2試合出場、4打数無安打2三振。3A通算は254試合出場で打率.261、39本塁打、133打点。マイナー通算626試合で622安打、76本塁打、326打点。
今季はレッズ傘下とマリナーズ傘下の3A級59試合に出場し、打率.208、9本塁打、19打点、OPS.661。外野全ポジションを守れる。

阪神タイガース

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月13日AAA級インディアナポリス・インディアンズ(パイレーツ傘下)ジェレミー・ビーズリー99投手2780万ドル(約1億880万円)ロサンゼルス・エンゼルス
2017年MLBドラフト30巡目(全体895位)
191センチの長身から、最速97.6mph(約157.1km/h)を計測する直球とスプリット、大きく曲がるスライダーが武器。
今季、パイレーツ傘下に移るまでブルージェイズでは9試合の登板。3Aでは20試合で2勝1敗、防御率2.61。メジャー通算24回2/3で33奪三振。
これは後ろ(リリーフ)やからな。場所はまだ分からんけどブルペンとして使う(岡田監督)」
「真っすぐが良い。三振も取れますし(嶌村球団本部長)」
12月14日AAA級ウースター・レッドソックス(レッドソックス傘下)ブライアン・ケラー24投手2860万ドル(約8400万円)ニューヨーク・ヤンキース
2016年MLBドラフト39巡目
190センチの長身右腕で、リーチを生かしたスリークオーターから、150キロ台中盤の直球を軸に、カットボール、スライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップなど多彩な球種を操る。
今季は主に先発で31試合に登板し、6勝5敗、防御率3・27。メジャー経験はなし。マイナー通算129試合の登板で、34勝27敗、防御率3・18。
「右は打ちづらいなっていう印象やな。バッタバッタ三振とか、そういうタイプじゃないな。コントロールええよ(岡田監督)」
12月15日AAA級ウースター・レッドソックス(レッドソックス傘下)ヨハン・ミエセス55外野手2750万ドル(約6750万円)ロサンゼルス・ドジャース
2013年アマチュアFA
メジャー経験はなし。マイナー通算793試合出場で打率.243、140本塁打427打点。今季はレッドソックス3Aで60試合に出場し、打率2割7分1厘、12本塁打、35打点。東京五輪では代表として3位決定戦の韓国代表戦に5番打者として出場し、横浜スタジアムで阪神でも守護神を務めた呉昇桓から左中間への特大アーチを放った。「呉昇桓から特大弾やで。当たったら(飛ぶ)なあ。風貌がすごいで。ビックリしたわ。(巨人の)ウォーカー以上やろ。迫力あるで(岡田監督)」
12月16日AAA級ラスベガス・アビエイターズ(アスレチックス傘下)シェルドン・ノイジー7外野手28130万ドル(約1億7940万円)ワシントン・ナショナルズ
2016年MLBドラフト2巡目(全体58位)
広角に打てる右のパワーヒッター。メジャー通算147試合で、打率.212、7本塁打、37打点。マイナーでは517試合で、打率.299、67本塁打、323打点。今季は一塁、二塁、三塁、遊撃とすべて内野で出場し、さらに投手としてもメジャーで3試合に登板しているユーテリティープレーヤー。アスレチックスに所属し、メジャー自己最多の89試合に出場。打率2割1分4厘、4本塁打、26打点。マイナーでは今季25試合で驚異の打率3割9分8厘をマーク。「ええバッターや。(資料の)映像では右中間にホームランも打っとった。コンパクトに打つし、めちゃめちゃホームランバッターじゃなく、どっちかいうと確実性がある方岡田監督)」

読売ジャイアンツ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
12月5日ピッツバーグ・パイレーツタイラー・ビーディ33投手29
1億6,000万円(推定)
サンフランシスコ・ジャイアンツ
2014年MLBドラフト1巡目(全体14位)
メジャー通算は58試合の登板で7勝16敗、防御率5.34。今季は主に中継ぎで31試合に登板し2勝5敗、防御率5.14。直球は最速98マイル(約158キロ)。落差のあるチェンジアップ、カットボール、カーブも操る本格派右腕で、先発ローテーションの一角として期待される。
12月12日モンテレイ・サルタンズ(メキシカンリーグ)ヨアンデル・メンデス65投手274,000万円(推定)テキサス・レンジャーズ
2011年アマチュアFA
メジャー通算20試合で3勝3敗、防御率6・23。
今季、メキシカンリーグのモンテレイに所属し、7勝0敗、防御率2・78で最優秀投手に輝いた。角度のある直球とチェンジアップを武器にする。
12月27日ニューヨーク・メッツヨアン・ロペス99投手29ダイヤモンドバックス
2015年アマチュアFA
2018年にダイヤモンドバックスでメジャーデビュー。2019年には70試合に登板した。今季はメッツで8試合に登板。メジャー通算121試合で3勝8敗26ホールド1セーブ、防御率4.39。
1月12日サンフランシスコ・ジャイアンツ ルイス・ブリンソン42外野手281億3,000万円(推定)2012年MLBドラフト1巡目(全体29位)今季はジャイアンツで16試合に出場し、打率1割6分7厘、3本塁打。3Aでは87試合で打率2割9分8厘、22本塁打、63打点、5盗塁、OPS.922。メジャー通算357試合出場、打率・198、28本塁打、109打点。
1月12日トロント・ブルージェイズフォスター・グリフィン29投手27カンザスシティ・ロイヤルズ
2014年MLBドラフト1巡目追補(全体28位)
今季メジャーではロイヤルズで5試合、7月にブルージェイズに移籍後に1試合と計6試合に救援登板。0勝0敗、防御率8.53。3Aでは2球団で計38試合に登板して6勝0敗1セーブ、防御率2.10。MLB通算7試合に登板、1勝0敗、防御率6.75。
1月24日AA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツ(ブルージェイズ傘下)エルビス・ルシアーノ035投手22年俸1,000万円(推定)アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2016年アマチュアFA
19歳で2000年代生まれ初のメジャーデビューを果たした逸材。右肘手術の影響で近年は米マイナーなどでプレーしているが回復は順調で、150キロ台の速球とチェンジアップ、スライダーを操る。19年はメジャーで25試合に登板。1勝0敗、防御率5.35の成績だった。  マイナー通算43試合に登板し、9勝9敗、防御率3.63、173回2/3で158奪三振。

広島東洋カープ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
11月17日AAA級ラスベガス・アビエイターズ(アスレチックス傘下)マット・デビッドソン95内野手317900万円(推定)アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2009年MLBドラフト追補(全体35位)
右の長距離砲で、メジャー通算54本塁打を放っている強打者。「打撃面に加えて三塁の守備も安定している。特にスローイングに安定感がある。」

中日ドラゴンズ

日時前所属選手名背番号ポジション年齢年俸ドラフト順位選手紹介球団評価
11月22日モンテレイ・サルタンズ(メキシカンリーグ)ソイロ・アルモンテ96外野手333000万円(推定)ニューヨーク・ヤンキース
2005年アマチュア・フリーエージェン
ヤンキースなのでも活躍し、スイッチヒッターとして18年から3年間中日に在籍。通算打率3割1分6厘、31本塁打、131打点。21年以降は韓国プロ野球、メキシコ・リーグなどでプレーを続けていた。今季メキシコ・リーグでは90試合に出場、27本塁打、95打点、打率3割2分2厘。
11月22日モンテレイ・サルタンズ(メキシカンリーグ)オルランド・カリステ99内野手303000万円(推定)カンザスシティ・ロイヤルズ
2010年アマチュア・フリーエージェント
ロイヤルズ、ジャイアンツでの出場経験があり、今季メキシコ・リーグでは83試合に出場、13本塁打、54打点、打率3割4分4厘の成績を残した。「カリステは大砲ではなく安打の多い中軸打者」
11月28日シンシナティ・レッズアリスティデス・アキ―ノ9外野手28120万ドル(約1億6700万円)+出来高(推定)シンシナティ・レッズ
2011年アマチュア・フリーエージェント
2018年8月メジャーデビュー。翌年8月再昇格すると持ち前の強打で月間14本塁打して8月の月間MVPを受賞。同年は打率2割5分9厘。わずか56試合で19本塁打。メジャー244試合に出場し打率2割1分1厘、41本塁打。762打席で255三振を喫している。

コメント

  1. もとくろす より:

    もっと巨人外国人とればいいじゃん

タイトルとURLをコピーしました