神社本庁 離脱した神社一覧

神社関係
スポンサーリンク

2005年からの10年間で214もの神社が離脱  ※週刊ポスト2017年9月15日号

北海道

幕別神社  1953年離脱(1997年復帰)

東京都

明治神宮 2004年離脱(2010年復帰)

富岡八幡宮  2017年離脱

栃木県

日光東照宮  1985年離脱

石川県

気多大社  2010年離脱

京都府

梨木神社  2013年離脱

建勲神社  2019年離脱

広島県

草戸稲荷神社  ?年離脱

香川県

金刀比羅宮  2020年離脱

沖縄県

沖宮   2019年離脱

■特殊な例

冠纓神社(香川県)

2006年、神社は神社本庁から離脱することを決定・公告した。しかし神社本庁離脱のための県への規則変更申請は認可されなかった。一方、宮司は2012年に死没した。その後、故宮司の長女の女性が宮司代行者への任命を具申したものの神社本庁から認められることなく、別の宮司が香川県神社庁によって決定された。2016年現在、神社は故宮司の妻が管理し、一方神社本庁によって決定された宮司は神社へまったく訪問しない状況となっている。

タイトルとURLをコピーしました