【札幌ドーム 日ハム】日本ハムファイターズに見捨てられた札幌ドームの今後予定

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ

北海道のプロ野球球団「北海道日本ハムファイターズ」は、2023年に「札幌ドーム」から北海道北広島市に建設された「エスコンフィールドHOKKAIDO」に移転します。

そうなると単純に「札幌ドーム」はファイターズ分の収益を得ることが出来なくなるため、収益が減少する予定となります。補填分は税金で賄うみたいな話が出ている中、札幌市は対策を打ち出しました。その対策を一覧として掲載していきます。

何年後かこのページの答え合わせをしていきたいですね。

簡単にファイターズが札幌ドームから出て言った理由

札幌市(札幌ドーム)さん要求

・リース料毎年9億払え。
・ドーム内の広告看板の収入は全部(ファイターズの物ではなく)うちのもの。
・ドーム内の日ハムの看板の広告料を払え。
・売店やグッズ販売の利益は全部よこせ。
・使用料値下げを要求してきやがった。ふざけんなこれから値上げな。
・コンサートやイベントやる毎にトレーニング機器・客席設備等はお前らの費用で撤去な。
・ドームの観客がボールが当たって失明した?賠償責任は日本ハムです。
・ペラペラの人工芝のコンクリートで毎年選手から不満が出てるが改善しません。

収益予想 ※札幌ドーム側の主張

※2022/05/27発表

※23年度以降は見込み ▲は赤字

年度売上高当期純損益
2019年度39億7200万円1億8800万円
2023年度15億3500万円▲2億9400万円
2024年度19億1200万円3100万円
2025年度19億9900万円1億500万円
2026年度19億9600万円1億800万円
2027年度19億4600万円5800万円

札幌ドーム、日ハム移転後も黒字 札幌市が23~27年度の収支試算

札幌市が、プロ野球北海道日本ハムが本拠地を移転した後の札幌ドーム(豊平区)の2023~27年度の収支見通しをまとめたことが27日、分かった。

札幌ドームの年間イベント日数は新型コロナウイルス禍前は130日前後で、ほぼ半分を日ハム戦が占めた。19年度には売上高39億7200万円を計上。だがコロナ禍の20年度は同18億6900万円に減少し、来春の北広島市への本拠地移転でコロナ禍と同等の減収が見込まれている。

市は収支見通しで、23年度はコロナ禍の影響が残るとして売上高15億3500万円と試算。24~27年度は同19億円台とみる。

一方、コンサドーレは23年度以降、全てのホーム戦をドームで開催することが決定。市は19年度比で6試合増の年20試合を想定する。また最大収容5万人超のドームではコンサートなどが大規模に限られるため、市は一定の需要が望める1万~2万人規模の催しを見込み、22年末をめどにドーム内を間仕切りする大型ロールカーテンを設置。24年度以降、19年度比で8回増の年22回のコンサートが開かれると見積もる。

これらの対策で、純損益は23年度は約3億円の赤字を見込むが、24年度以降は黒字に転じ5年間の累計で900万円の黒字とする。

(北海道新聞)

https://news.yahoo.co.jp/articles/976670672d432f65555cac49fc6e602929e4d943

予定する開催イベント件数一覧

2019年度2023年度2024年度
プロ野球62日0日0日
プロサッカー14日20日20日
コンサート14日22日22日
展示会8日30日26日
自主イベント9日13日13日
その他プロスポーツ3日3日4日
アマチュアスポーツ17日27日27日
合計127日107日112日

ファイターズ移転後の黒字化プラン

上記の予定日数の詳細です。

プロサッカーの試合の集約

現在、札幌市内にある厚別公園競技場でも行われている北海道コンサドーレ札幌の試合を2023年度は札幌ドーム開催に一本化。

14試合(2019年度)から6試合増加の20試合(2023年度)に増やす予定。

ちなみに現在使用されている厚別公園競技場は、北海道コンサドーレ札幌のサポーターからは聖地と呼ばれている競技場である。

今後は札幌ドームが聖地となるのかもしれない。

6試合増えた程度なのが個人的にはかなり疑問点。

1~2万人規模コンサートへの対応

4万人規模のコンサートはそもそも国内ではそんなに需要は無いため、4万人強を収容できる札幌ドームを暗幕で仕切って規模を小さくし、2万人規模のコンサートを誘致する。

札幌市スポーツ局の深井貴広 企画事業課長は「札幌市には、これまで2万人規模で開催できるハコがなかった。積極的に営業をかけてきたい」とのこと。

展示会の日数拡大

展示会は現在8日間行われている件数を2023年度は30日間に増やす予定。

自主イベントの日数拡大

自主イベントは現在年間9日間行われているが2023年度は13日間と増やす予定。

札幌ドームのネーミングライツ化

札幌ドームの命名権を販売し収益を得たいという目論見。

札幌市内では2019年に札幌市中央体育館の命名権を、北海道ガスが15年で1億5000万で購入している実績がある。  

札幌市スポーツ局 深井貴広 企画事業課長は「札幌ドームの命名権を募集する予定がある。少しでも広告料金を増やすため、有利な契約に結び付けられれば良いと思う。決して簡単な道ではないが、市民負担を招くことのないように努力していきたい」と話した。  

しかし、プロ野球という大看板がなくなる札幌ドームの広告価値は低下する点が懸念される。

そもそも「エスコンフィールドHOKKAIDO」のインパクトが強すぎる印象。

ファイターズとは喧嘩別れの印象もあるので、この施設自体あまり良いイメージにはならないのではと個人的には思います。

まとめ

失敗しても札幌市の税金が使われるだけだと他人ごとではありますが、正直このご時世他人事ではないと思うので、この問題に関してはより注視していきたいですね。

良いドームですので勿体ないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました