原価率が最も低い食べ物ランキング これで商売もありかもね

食事
スポンサーリンク

原価率」とは、商品の販売価格に対する原価の比率。

例)原価100円 / 価格200円 = 原価率50%

商売で必ず考えなければいけないのが商品の原価です。

テレビで見たやつの引用になりますが、こんな感じで一覧見て考えてみれば商売のヒントになりそうですね。

【 原価 】含まれているもの

食材、容器や箸

【除外】原価に入れず

人件費、運送費、設備費 など

10位 ショートケーキ(26%)

原価105円 / 価格400円 = 原価率26%

いちご、生クリーム、卵、バター、小麦粉、包装、その他

※いちごと生クリームの量しだいで金額変動

9位 イカ焼き(24%)

原価120円 / 価格500円 = 原価率24%

イカ、醤油たれ、串、その他

※屋台での販売により値段が高め設定で販売される

7位 餃子(23%)

原価70円 / 価格300円 = 原価率23%

豚肉、キャベツ、小麦粉、その他

7位 ペペロンチーノ(23%)

原価105円 / 価格450円 = 原価率23%

生麺、にんにく、唐辛子、バジル、その他

※パスタの中で最も具材が少ないため原価安め。

6位 もんじゃ焼き(21%)

原価105円 / 価格500円 = 原価率21%

キャベツ、桜海老、ソース、天かす、小麦粉、その他

5位 フライドポテト(20%)

原価60円 / 価格300円 = 原価率20%

じゃがいも、包装、その他

※ポテトはセットで販売するのを前提とした価格設定となっており、
単品での価格はやや割高に設定されている。

4位 宅配ピザ(15%)

原価300円 / 価格2000円 = 原価率15%

チーズ、トマトソース、強力粉 、バジル 、包装 、その他

※宅配のコストがかかるため、原価の占める割合は自ずと小さくなる。

3位 ベビーカステラ(14%)

原価55円 / 価格400円 = 原価率14%

薄力粉、卵、砂糖、牛乳、マーガリン、その他

2位 かき氷(12%)

原価35円 / 価格300円 = 原価率12%

氷、カップ、シロップ、ストロー

※氷とシロップだけなので、原価が非常に安い。

ただ夏にしか売れないリスクがある。

1位 わたあめ(3%)

原価10円 / 価格300円 = 原価率3%

ザラメ、割り箸

材料と原料は、割り箸とザラメだけ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました