スポンサーリンク

【NPB】プロ野球交流戦 歴代最高勝率球団&歴代MVP選手一覧

スポーツ
スポンサーリンク

交流戦歴代一覧

年度優勝球団試合数勝率順位MVP選手セ・パ対戦成績備考
2005千葉ロッテマリーンズ3624111.686優勝(日本一)小林宏之パ・リーグ(105勝104敗7分け)
2006千葉ロッテマリーンズ3623130.6394位小林雅英パ・リーグ(108勝107敗1分け)
2007北海道日本ハムファイターズ241851.783優勝R.グリンパ・リーグ(74勝66敗4分け)
2008福岡ソフトバンクホークス241590.6256位川﨑宗則パ・リーグ(73勝71敗)ソフトバンクと阪神が共に15勝9敗で勝率が並んだ。
そのため優勝チームは前年の順位で決定する規定(2007年~2010年)により、2007年の順位が阪神より上位であったソフトバンクとなった
2009福岡ソフトバンクホークス241851.7833位杉内俊哉セ・リーグ(70勝67敗7分け)
2010オリックス・バファローズ241680.6675位T-岡田パ・リーグ(81勝59敗4分け)
2011福岡ソフトバンクホークス241842.818優勝(日本一)内川聖一パ・リーグ(78勝57敗9分け)
2012読売ジャイアンツ241770.708優勝(日本一)内海哲也パ・リーグ(67勝66敗11分け)
2013福岡ソフトバンクホークス241581.6524位長谷川勇也パ・リーグ(80勝60敗4分け)
2014読売ジャイアンツ241680.667優勝亀井善行パ・リーグ(71勝70敗3分け)
2015福岡ソフトバンクホークス181260.667優勝(日本一)柳田悠岐パ・リーグ(61勝44敗3分け)
2016福岡ソフトバンクホークス181341.7652位城所龍磨パ・リーグ(60勝47敗1分け)
2017福岡ソフトバンクホークス181260.667優勝(日本一)柳田悠岐パ・リーグ(56勝51敗1分け)2017年はソフトバンクと広島が共に12勝6敗で勝率(および勝ち数)が並んだ。
そのため最高勝率チームは両チームの直接対決の成績で決定する規定(2011年以降)により、同対決を2勝1敗で勝ち越したソフトバンクとなった。
2018東京ヤクルトスワローズ181260.6672位吉田正尚パ・リーグ(59勝48敗1分け)
2019福岡ソフトバンクホークス181152.6882位(日本一)松田宣浩パ・リーグ(58勝46敗4分け)
2020新型コロナウィルスの影響で中止
2021オリックス・バファローズ181251.706優勝山本由伸セ・リーグ(49勝48敗11分け)
2022東京ヤクルトスワローズ181440.778村上宗隆セ・リーグ(55勝53敗)

過去の優勝・最高勝率チーム回数

球団優勝及び最高勝率年度
ソフトバンク8回2008・2009・2011・2013・2015・2016・2017・2019
巨人2回2012・2014
オリックス2回2010・2021
ロッテ2回2005・2006
ヤクルト2回2018・2022
日本ハム1回2007
阪神0回なし
中日0回なし
広島0回なし
DeNA0回なし
西武0回なし
楽天0回なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました