スポンサーリンク

【NPB】日本プロ野球永久欠番&準永久欠番一覧

スポーツ
スポンサーリンク

現在の永久欠番

読売ジャイアンツ

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
1王貞治内野手1989年3月16日1980年の現役引退後、助監督・監督時代(1981年 – 1988年)も使用している。
3長嶋茂雄内野手1974年11月21日第2期監督時代の2000年 – 2001年にも使用している。
4黒沢俊夫外野手1947年7月9日日本野球界初の永久欠番の一つ。1947年のシーズン途中に現役のまま腸チフスで急死。
14沢村栄治投手1947年7月9日日本野球界初の永久欠番の一つ。引退する1943年まで使用していたが翌年に戦死。
16川上哲治内野手1965年1月18日1958年の現役引退後、コーチ・監督時代(1959年 – 1964年)も使用している。
34金田正一投手1970年4月2日

阪神タイガース

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
10藤村富美男内野手1958年11月30日球団創設メンバーとして10を着用しその後引退とともに永久欠番とされた。
阪神で背番号10を着用した経験を持つ選手は藤村のみであり
「一人の選手だけが着用した永久欠番」はこれがNPB唯一
である。
11村山実投手1972年11月2日第2期監督時代の1988年 – 1989年にも使用している。
23吉田義男内野手1987年10月13日1969年の現役引退以降、相応しい人物の入団まで欠番とされたが、
結局使用した選手がいないまま、1987年の第二次監督退任に伴い正式に永久欠番に制定された。

中日ドラゴンズ

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
10服部受弘投手1960年3月20日二軍監督時代の1977年にも使用している。
15西沢道夫内野手1959年3月15日ヘッドコーチ・監督時代の1963年 – 1966年にも使用している。

広島東洋カープ

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
3衣笠祥雄内野手1987年9月21日
8山本浩二外野手1986年10月27日第2期監督時代の2001年 – 2005年にも使用している。
15黒田博樹投手2016年11月1日2008年のMLB移籍から、2015年に広島に復帰するまでの間も欠番となっていた。

埼玉西武ライオンズ

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
24稲尾和久投手2012年7月4日1970年の現役引退後も1972年までは稲尾自身が監督として付けていた。
その後、40年の時を経て欠番に指定された。

北海道日本ハムファイターズ

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
100大社義規オーナー2009年2月1日2009年度の野球殿堂入りを記念し、永久欠番に制定した。

東北楽天ゴールデンイーグルス

背番号欠番対象者ポジション制定年月日備考
10その他2004年12月17日スターティングメンバーの9人に続く10人目、サブメンバーの一人の意味。
77星野仙一監督2018年3月26日NPB初の「監督」の永久欠番

準永久欠番

阪神タイガース

チーム番号欠番対象者ポジション欠番期間備考
阪神タイガース6金本知憲外野手2013年 –2012年の現役引退の際に永久欠番にすることが検討されたが、金本が固辞した事もあり見送られた。
2016年~2018年の監督在任中に再び着用したが退任後は再び欠番となっている。

オリックス・バファローズ

チーム番号欠番対象者ポジション欠番期間備考
オリックス・バファローズ51イチロー外野手2001年 –2001年MLB移籍後、そのまま誰も使用しないまま、2019年シアトル・マリナーズで現役を引退。
それを受け、球団は改めて「事実上の永久欠番」としての扱いを継続する事を表明した。

北海道日本ハムファイターズ

チーム番号欠番対象者ポジション欠番期間備考
北海道日本ハムファイターズ11ダルビッシュ有投手2018年 –2012年のダルビッシュのMLB移籍後、1年空けて新入団の大谷へ継承された。
2018年の大谷のMLB移籍後、球団は「2人に匹敵するスター選手が登場するまで」として連名での欠番とする事を表明。
2023年に開場予定の「ES CON FIELD HOKKAIDO」内の施設である『TOWER11』でこの2選手を称えている。
北海道日本ハムファイターズ11大谷翔平投手・外野手2018年 –
北海道日本ハムファイターズ86大沢啓二監督1995年 –2010年に死去した際に永久欠番にすることも検討されたが「選手や監督らの恒久的な永久欠番を制定しない」という球団の方針で見送られるものの、現在も欠番状態が継続中である。なお東急・東映などの前身球団を含め球団史上86は大沢しかつけていない。

福岡ソフトバンクホークス

チーム番号欠番対象者ポジション欠番期間備考
福岡ソフトバンクホークス15藤井将雄投手2001年 –2000年10月に現役のまま病死。その後も15を使用した選手は一人もおらず、
親会社がソフトバンクに変わった現在も欠番のままである。
福岡ソフトバンクホークス89王貞治監督2009年 –2008年限りでの監督退任後、永久欠番化も検討されたが王本人が辞退。しかしその後は長期間欠番状態が続いている。

千葉ロッテマリーンズ

チーム番号欠番対象者ポジション欠番期間備考
千葉ロッテマリーンズ26マリーンズ・ファンその他2005年 –2005年よりファンのための番号として事実上の永久欠番にしている。これはベンチ入り25人の選手に次ぐ「26番目の選手」の意味。
試合中、ベンチには26のユニフォームが飾られており、ホーム開幕戦での始球式で登板した人物が着用することがある。
また、ロッテのファンクラブの名称も「TEAM26」である。

かつて欠番指定されていた番号

読売ジャイアンツ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
55松井秀喜外野手2003年 – 2008年、2014年 – 2021年大田泰示2003年MLBに移籍後、2009年から13年まで大田泰示が着用。その他の期間は、松井が2012年に現役を引退した後も欠番状態が続き、2022年から秋広優人が着用することになった。

阪神タイガース

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
31掛布雅之外野手2014年 – 2015年、2018年萩原誠1988年に引退した後、背番号については欠番に指定することなく萩原誠広澤克実濱中治林威助の4人が着用していたが、2014年に林威助の退団と同時に掛布がゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター(DC)として阪神に復帰したことを機として、掛布の後を継ぐに足る選手の台頭するまで31を凍結する方針を固めた。
2016年に掛布が二軍監督に就任した際に着用し、2017年シーズン限りでの退任後再び欠番となった後、2019年からはジェフリー・マルテが着用している。
53赤星憲広外野手2010年 – 2013年、2015年 – 2017年建山義紀赤星の引退は試合中の怪我による電撃的な引退であったこともあって欠番としていたが、2014年途中に入団した投手の建山義紀が着用。建山が同年限りで引退した後は再び欠番となり、2018年からは島田海吏に継承された。

中日ドラゴンズ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
13岩瀬仁紀投手2019年橋本侑樹2018年の引退後、「後継者にふさわしい選手が台頭するまで空き番号とする」こととなり1年間欠番となったが、2020年からは橋本侑樹に継承された。

オリックス・バファローズ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
7福本豊外野手1991年 – 1999年、2017年 – 2021年進藤達哉引退後のコーチ・二軍監督時代の1989年から90年にも使用。退団後は特別な番号として2000年まで欠番状態が続き、2001年以降は2016年まで断続的に使用されていた。その後、2017年から2021年まで再び欠番状態となり、2022年から吉田正尚が着用。

福岡ソフトバンクホークス

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
2城島健司捕手2006年 – 2009年今宮健太城島のMLBへの移籍と共に将来的な復帰を想定して凍結していた。しかし、2010年に城島がソフトバンクではなく阪神でNPBに復帰した事で球団として欠番指定を解除し、城島の出身高校の後輩に当たる今宮健太が着用。
9小久保裕紀内野手2004年 – 2006年柳田悠岐2003年シーズン終了後に巨人へ無償トレードした際に、将来的な復帰を想定して「監督預かり」としており、小久保がホークスに復帰した2007年から引退する2012年まで再び使用した。引退後は3年間欠番になった後、2015年に柳田悠岐が継承した。
2021年にヘッドコーチとして復帰した際には、下記の経緯から過去に欠番扱いとされていた90を着用している。
90景浦安武外野手1973年 – 2015年ロベルト・スアレス景浦は水島新司の野球漫画『あぶさん』に登場する南海ホークスの架空の主力選手。
背番号90を着用していたことから、1973年の連載開始とともに連載に合わせる形で球団は南海からダイエーを経てソフトバンクに至るまで90を凍結していた。2014年の連載終了後、永久欠番にすることも考慮されていたが、水島の了解を得た上で2016年からロベルト・スアレスが着用、40年以上にわたる欠番状態が解消された。スアレスの退団(その後阪神に移籍。阪神では75を着用)以降は再び欠番となるが、2021年シーズンからはヘッドコーチの小久保裕紀が着用している。

埼玉西武ライオンズ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
3大下弘外野手1960年 – 1967年広野功1959年限りで引退した際「大下選手の名に恥じない選手が出ればその選手に渡す。またその際には大下選手の同意を求める」という当時の西亦次郎球団社長の意向で当分の間欠番としていたが、 1968年に大下が古巣・東映フライヤーズの監督に就任し、さらに背番号3をつけた事で自ら背番号を返上、その年に中日から移籍した広野功が使用する事になった。
6中西太内野手1970年 – 1972年菊川昭二郎1969年の引退後、相応しい選手が出るまで欠番とされていたが、1972年暮れに西鉄から福岡野球株式会社(「太平洋クラブライオンズ」)への売却後に「もう新球団になったんだからいいじゃないか」と、当時の稲尾和久監督の推薦で菊川昭二郎33から変更)が使用した。
27伊東勤捕手2004年 – 2006年、2011年細川亨前身の西鉄クリッパース→西鉄ライオンズ→太平洋クラブライオンズ→クラウンライターライオンズ時代から西武初期の1981年までは、内野手および外野手関口清治田中久寿男竹之内雅史大原徹也など)が着用していたが、1982年に伊東が着用して以降は2018年まで捕手限定の背番号となっていた。
2003年の現役引退及び監督就任に伴い、自らが後継者として認める正捕手が出るまで欠番とした。その後、2006年に細川亨、細川の移籍後、1年の空白を置いて2012年に炭谷銀仁朗が継承。しかし、2019年に炭谷のFA移籍に伴う人的補償で巨人から加入した投手(2022年は投手コーチも兼任)の内海哲也がそのまま着用したため、現在は事実上捕手限定の背番号ではなくなっている。

横浜DeNAベイスターズ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
18三浦大輔投手2017年 – 2018年、2021年小園健太2016年の現役引退時に、横浜ナンバーと称し「チームを牽引し象徴となるべき存在がつける番号」として、球団と三浦の双方の合意を得たふさわしい選手が出るまで欠番とした。
2019・20年に三浦自身がコーチ・二軍監督時代に着用したが、2021年の一軍監督就任と同時に81に変更。2022年から小園健太に譲った。

広島東洋カープ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
1前田智徳外野手2014年 – 2018年鈴木誠也2019年に鈴木誠也に継承された。のちにメジャーリーグ球団への移籍を目指してポスティング申請を行い、シカゴ・カブスに入団したため、2022年は空き番となる。
7野村謙二郎内野手2006年 – 2012年堂林翔太2013年に堂林翔太に継承された。
9緒方孝市外野手2010年 – 2013年丸佳浩2014年に丸佳浩に継承された。その後、丸の移籍で2019年から空き番となっていたが、2022年途中に日本球界に復帰した秋山翔吾が着用することが内定した。
20北別府学投手1995年 – 2002年栗林良吏2003年に永川勝浩に継承された。その後、永川の引退・コーチ就任(74に変更)で2020年に一度空き番となった後、2021年からドラフト1位で入団の栗林良吏が着用することになった。

東京ヤクルトスワローズ

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
6宮本慎也内野手2014年 – 2020年元山飛優2013年で現役引退後、ふさわしい選手が出るまで欠番指定されたが、2021年から元山飛優が着用することになった。
8大杉勝男内野手1984年広沢克己引退時の1983年11月9日に「保留欠番とし、来春3月下旬に引退試合を行うことを決めた」と発表。1年の期間をおいて、1985年から広沢克己に継承された。
27古田敦也捕手2008年 – 2021年中村悠平2007年での現役引退後、正捕手の番号として、球団・古田本人のいずれかが推薦する捕手が出るまで欠番となっていた。2022年から中村悠平が継承した。

東北楽天ゴールデンイーグルス

番号欠番対象者ポジション欠番期間継承対象者備考
18田中将大投手2014年 – 2020年田中将大2014年にニューヨーク・ヤンキースに移籍したことで、「ふさわしい選手がでるまで欠番」扱いとなったが、2021年に田中の楽天への復帰が決まり、再び本人が着用することになった。
19野村克也監督2010年 – 2016年藤平尚真2009年限りで監督を退任した際に名誉監督というポストで永久欠番とすることが提案されたものの、正式な発表がなされないまま欠番扱いの状態が続いた後、2017年から2021年まで藤平尚真が着用していたが、2022年から46に変更した。今後の着用者は未定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました