副業

仕事

神社に勤めるためにはどうすればいいか 一般的な方法

神社に勤める方法は正直限られていて狭き門です。ただ職種にこだわらなければチャンスはあります。そもそも神社に勤めることは就職とはいわず、奉職(神に奉仕する)といい、奉仕者の中には神職の資格を持たないものもおりその方たちを助勤と呼びます。大きな神社では初詣にて参拝者が多く集まることから、年末年始などに助勤のアルバイト募集が行われるのが、メインの皆さんがよく知っている求人だと思います。助勤の地位は男性も女性も同じで、女性は巫女として奉仕し、男性は交通誘導・境内清掃・荷物運び等、力仕事がメインの仕事です。一般的な求人情報誌に掲載されることは滅多にありませんが、神社の境内にて求人を掲示していたり、インターネットにサイトを持っている神社がそこで掲載したり、SNSにて募集したり等様々な方法にて確認することが出来ます。
仕事

神職がやってる副業はどんなものなのか

神職としての収入でやっていける神主は一部であり、大体の方は副業を行っています。むしろ神職のほうが安定しないという意味で、副業と言われるレベルでしか稼げていないような気がします。
仕事

治験体験談 治験ってどんな感じなの?

治験て聞くとどんなイメージを持たれますか?まぁ、イメージ通りのモルモット役です。薬の効力を確かめるために人柱になる仕事ですね。ただ、報酬はなかなか良く、また拘束時間があるとはいえかなり好き勝手出来る副業でした。果たしてその詳細はどんな感じなのか、私の体験談を語らせていただきます。
タイトルとURLをコピーしました