スポンサーリンク

【ハゲない方法】私が現在挑戦中の対策方法

生活
スポンサーリンク

私は現在20代の男です。

なぜこの年齢でタイトルの「ハゲ予防」に関心があるのか。

それは、友人が始まってしまったからです。

このストレス社会で、時間も奪われる世の中ならそうなっても仕方がありません。

そして何よりも、遺伝子的なもので確定しているなら僕は両親の家系を鑑みるに確実にハゲます。身内が100%ハゲてますので。

そんな感じで危機感を持った私は対策を始めようと考えたというのが経緯です。

この対策はいつもお世話になっている美容師の方に相談して考えたことです。

結構お手軽に出来るので時間はとりません。

ただお伝えしておきたいことは、あくまで私は対策の段階で今後がどうなるかは不透明です。

それに、美容師の方も「正直、髪の研究をやっている人がいないから答えは分からない」と発言されていました。

だって、世の中に俗説とかいろいろ話が出回って、答えはどうなのかって分かっている人なんていないじゃないですか。

そして何よりも、金持ちの人が皆ハゲてないかって言われたらそうじゃないですよね。

もうそれが答えだと思います。「ハゲる人はハゲます。」

お金があっても対策はないんです。

なので、すでにハゲている方は言葉は悪くて申し訳ありませんが、諦めていただくしかないです。植毛だとか増毛って、人工的に毛を植えているパターンならどうせまた抜けますし、育てるパターンもありますが、毛根が死んだから毛が生えないのであって、毛根が復活するなんて正直私は素人ですが無いと決定づけています。

私の対策はあくまで、今ある毛を守りたい人向けです。

少なくとも私の毛と毛根は健康みたいですよ。毛穴がきれいだと褒められたぐらいですから。

まず、基本睡眠・食事に気を遣うのは当たり前で、生物として基本だと思うので詳しくは述べません。

個人的に大切だと思うのは下記の2点です。

豆乳を飲む

豆乳は育毛のみならず美容効果も高い食材としてもよく挙げられます。

豆乳は栄養が豊富みたいです。

ただ、正直僕は味が苦手だったのですが、飲んでるうちに慣れたのと、いろいろと味が工夫されていて種類が豊富であり、おいしく飲めるようになっています。
豆乳は薄毛・抜け毛予防の効果が期待できる「大豆イソフラボン」、髪の毛の主成分となる「たんぱく質」、血流の流れを改善し髪へ栄養が行き渡りやすくする「大豆サポニン」「レシチン」「ビタミンB群」「ビタミンE」などが含まれています。

また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似たエストロゲンが含まれます。

そのため、過剰摂取により「体型の女性化」「性欲の減衰」「生殖機能の低下」といった症状が発症する可能性もあります。

しかし、1日に200mlが適量と言われておりますので、それを守り飲み続けてみれば頭皮に良い影響を与えてくれます。

私はもう1年ぐらい毎日飲んでいます。

スカルプヘアローションを使用する

よく頭皮トラブルにはスカルプシャンプーや頭皮マッサージが効果的と言われていますが、最近では「スカルプローション」というアイテムも注目を集めています。

スカルプローションとはその名の通り「頭皮トラブルケア用化粧水」。

その使いやすさから女性にも人気があり、薄毛や脱毛にも効果があると言われています。

顔に「化粧水」を皆さん付けているとは思いますが、美容師さんに「頭皮は肌の延長線だよ」という風に言われ、確かに顔には化粧水を付けているのに、なぜ頭皮には何も付けていないんだろうとハッとしました。

そもそも化粧水には、「肌に水分を与える」、「皮脂の分泌を整える」役割があります。肌が乾燥してしまうと、肌の水分キープ力や外部刺激から肌を守るバリア機能が低下します。怠るとトラブルが起こりやすいお肌になってしまいます。

ですから、化粧水でしっかりうるおいを補い、肌のバリア機能を整えることが大切です。

それは頭皮にも言える事ではないかということです。

下記に一応「スカルプローション」をあげてはいますが、正直何でもいいと思います。

人それぞれに合うやつがあると思うので。

ただ、肌に潤いを与えることが何よりも大切なことです。

まとめ

私はこの2点を1年ぐらい続けています。

実際、目に見えて分かることは毛が太くなっていることですね。

毛穴がきれいになっているみたいで、必然生えてくる毛も健康みたいです。

そんなに手間のかかることではないので、皆さんも是非挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました