転職活動 印象に残っている企業

仕事
スポンサーリンク

※思い出したら随時更新していきます。

ぶっちゃけてしまうと転職活動は今どきの若者らしく結構しています。

まぁ、契約社員が主なので必然的に増えてしまうのですが。

数々の面接をこなしてきた中で、今も印象に残っている会社を挙げていきます。

正直悪い印象のところしか挙げてません。今の自分の戒めのためにまとめてみたいと思います。

1社目:テレビ番組技術スタッフ

これは転職サイトに登録していたらオファーがあったので応募した奴ですね。

内容的には番組内で使う静止画・CG等の作成、動画サーバー・VTR操作、番組編集作業が主な仕事です。

ちなみに業務内容は中央競馬・地方競馬・海外競馬の中継や競馬情報番組、予報番組等な感じで競馬はやりませんが、乗馬には興味があったので馬好きだしOKやろと面接日に会社にお伺いしました。

大きなビルで結構景気が良さそうなところで商売しているなぁと感じたのですが、

面接を開始してしょっぱなビックリしましたね。

というのもこの企業側からオファーを出してきたくせに、実はもう採用者は確定しているといわれ、じゃあこの時間は何だとイラついたのを今でも覚えています。

企業側からしたら予約してしまった手前、対応せざるを得ない状況だったのでしょうがこちら側としてはまず時間が無駄だったのと、交通費がかかっているので普通に損でした。

単純に面接を設定したのも忘れていたような気もしますね。

面接の内容はもう意味ないので、あちらもこっちを気にしてか人生相談みたいな感じになっていました。

正直企業を晒してやりたいですね。

2社目:CGアニメーションスタジオ  3DCGデザイナー

僕は個人的に趣味でCG作成をしているのですが、どうせなら仕事にしたいと応募した会社ですね。

3DCGデザイナー、ディレクターとして、アニメーション作品制作に携わることが出来るという謳い文句でした。

求人に応募し、面接を受け内定したと思いきや急に研修を受けてくれと言われました。

求人には書いてなかったやんけと思いましたが、こちらも時間と交通費等のコストをかけていましたし、後には引けないから受けざる得ない感じでしたね。

ただ私が一番イラついたのはこの研修が1週間で、尚且つ無償で交通費なしだったことです。

この業界ってこれが普通なんですかね。

しかも研修で判断されたのか結局採用もされなかったので本当に時間の無駄でしたね。

3社目: ゲーム用グラフィック制作会社   3DCGデザイナー

上記と同じ理由で応募したのですが、二か月間スルーされていました。

こういう業界はポートフォリオを作成して発送して応募するのですが、発送したのに返事が来ず随分と待たされていました。

さすがに待たせすぎだろと連絡したら気が付いていなかったというまさかの回答でイラついたのを覚えています。

すぐにポートフォリオを送り返してもらいました。

ただ、中身が本当に触った形跡がないのがさらにイラつきましたね。

滅ばないかなぁあの会社。

4社目: テレビ番組用CGアニメーション制作、テロップ、フリップ、タイトルデザイン制作

この会社は履歴書を外部の会社に普通に手渡している会社です。

この会社の採用を決めるのも外部の会社というよく分からない話でした。

応募すると個人情報が外部に漏れる可能性がありますので注意。

5社目: ホテル内フォトグラファー

これは完全に悪口になるのですが、

それなりに有名なホテル内の職場だったからなのか、面接のときの女性がバブル期のような指輪を大量につけた方で、正直めちゃくちゃキャラが立っていて面白かったですね。

ただ経営は良くなさそうな雰囲気がありましたね。

6社目: スイミングスクールのフォトグラファー

ここは面接とは直接関係ないのですが、会社の前で社員が路上喫煙を普通に行っている会社でしたので、全てを察した会社でした。

仕事は面白そうでしたけども、雰囲気がそんなところでは確実に公開するので結局面接を受けませんでした

まとめ

世の中いろんな人間、いろんな企業がありますね。

今まではどうであれ今は売り手市場になったのでどんどん労働者は強気で転職活動するべきだと思います。

寿命削っているのでね妥協は後で絶対後悔しますよ。

このページを読んでいる貴方にも良い縁がありますように。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました