転職

仕事

無資格で神職になれる神社 ※随時更新

どの業界も人手不足で大変だと思いますが、神社界も人材が不足していて大変です。というのも、神職の資格を得ることが出来る二つの大学、國學院大學・皇學館大學では資格を取得しても神職を志す者が少なく、一般企業に就職してしまうのが比率的に大きくなってしまい、全国の神社が求人を出したところで応募に来ないというパターンになっております。ですので、下記の神社のように無資格で神社界に挑戦することが出来る時代となりました。
仕事

神社に勤めるためにはどうすればいいか 一般的な方法

神社に勤める方法は正直限られていて狭き門です。ただ職種にこだわらなければチャンスはあります。そもそも神社に勤めることは就職とはいわず、奉職(神に奉仕する)といい、奉仕者の中には神職の資格を持たないものもおりその方たちを助勤と呼びます。大きな神社では初詣にて参拝者が多く集まることから、年末年始などに助勤のアルバイト募集が行われるのが、メインの皆さんがよく知っている求人だと思います。助勤の地位は男性も女性も同じで、女性は巫女として奉仕し、男性は交通誘導・境内清掃・荷物運び等、力仕事がメインの仕事です。一般的な求人情報誌に掲載されることは滅多にありませんが、神社の境内にて求人を掲示していたり、インターネットにサイトを持っている神社がそこで掲載したり、SNSにて募集したり等様々な方法にて確認することが出来ます。
仕事

転職活動 印象に残っている企業

数々の面接をこなしてきた中で、今も印象に残っている会社を挙げていきます。
タイトルとURLをコピーしました