SNSフォローボタン
takuroをフォローする

SES・客先常駐型のIT企業に就職した話

仕事




ノースキルの男がSES企業に勤めていた時の話

もう退職していますが、かつて在籍していたIT企業の話を語らせていただきます。

最初に申し上げておきますが、私自身の契約状況がどうなっていたのか分からなかったので、あくまで私の視点で事実しか述べられないと予めお伝えしておきます。

この会社は現在も存在しています。しかもかなり大きな会社です。

ただ1年中求人を募集している企業で、尚且つオフィスを減らしているので、人手不足で規模が縮小し始めているのかもしれません。

面接

面接は1対1の明るい感じの雰囲気でした。

今思えば、ぶっちゃけ会話が出来れば誰でも採用するつもりだったのだと思います。

ただ単純にIT企業に入りたいと考えていた私にとっては都合が良かったです。

ただぶっちゃけると、別にこの企業である必要性は全くなかったですね。

今は無駄な時間だったなと後悔しているところです。

給料

重要な話ですね。賃金が下記のとおりです。

基本給  149,500円

業務手当 30,500円 ※26時間のみなし残業代として支給

成果給  プロジェクトでの成果・スキルに応じて支給

交通費  実費精算 ※上限50,000円まで

※研修・待機期間中、業務手当は支給されません。

※成果給はプロジェクト成果・スキル・経験年数・勤怠・会社貢献度に応じて随時UPしていきます。

雇用形態     正社員

時間外勤務手当  所定労働時間を超える時間外労働が26時間を超えると支給

深夜勤務手当   22時~5時までの深夜労働があった場合に支給

法定休日勤務手当 法定休日労働(4週間に4日の法定休日の勤務)があった場合に支給

特別休日勤務手当 特定休日労働があった場合に支給

給与支給日    月末締めの翌月末日払い(金融機関休日の場合、前営業日)

就業時間     9時30分~18時30分(休憩1時間) ※但し常駐先により異なる

休暇       土曜日、日曜日、祝日、年末年始

有給休暇     入社6か月以上継続して勤務した場合に10日付与

各種保険     社会保険(健康保険、厚生年金、介護保険)雇用保険、労災保険

手元に入社当時の資料があったのでそのまま記載いたしました。

簡単に述べると月18万って感じでした。

ちなみにこの記載は当てになりません。というのは、最低賃金が上がった際に基本給が上がりました。ということは初めから金額が最低賃金に設定されているということです。

単純にこれなら給料が上がったと思ったのですが、その分業務手当を減らしてきたので結局18万でした。

ちなみにタイトルに客先常駐と記載しておりますが、これは自分を雇用している企業で働くのではなく相手先の企業に常駐して働くことです。まぁ、派遣のようなものです。

雇用企業の稼ぎとしては、相手企業に自分の社員を働き手として送り込んで初めて利益が出ます。

よってこれが初めて成立することにより業務手当が出ます。

この理屈で行くと、※で記されている通り 研修・待機期間中という扱いにされて業務手当をもらうことが出来ません。ですのでその間は給料15万円です。

研修中の内容

研修中はノートPCを持ち込んで学習に励みます。

学習内容としては基本officeソフト(Word・Excel)を学習します。

これは単純で相手企業が大体求めている人材というのは、ヘルプデスク(お問い合わせ担当)やキッティング業務(新しいパソコン等に対象のソフトを入れ込む作業)等でその際によく使うスキルがOfficeですので、それを学習します。

次に上記に加え本人に色を付けるためにそれぞれ学びたい分野の学習をします。

——————————————————————————————————

基礎研修

・ビジネスマナー研修

・セキュリティ講習

・PC基礎研修(上記に記載した内容)

 MSOffice操作

 ショートカットキー

・スキルシート作成

・面談練習

教育カリキュラム

■プログラマー

・ゲーム(unity,UE4,C#)

・Web系(HTML/CSS,Javascript,jQuery)

・開発(Java,C#.net,PHP,Ruby)

・データベース(Oracle,MySQL,SOLServer,SQL)

■クリエイター

・3Dモデリング(Maya)

・コーディング(HTML/CSS,Javascript,jQuery,WordPress)

・デザイン(Photoshop,Illustrator)

・ポートフォリオ(バナー,ボタン素材,Webページ作成)

■インフラ/ネットワーク

・サーバー(Linux/LPIC/Windows)

・ネットワーク(Cisco/CCNA)

基礎研修からハイレベルの教育カリキュラムでエンジニア・クリエイターとして必要なスキルを身に着けて頂きます。

—————————————————————————————————–

ここまで転載

こんな感じで資料には記載されており、分野分けがしっかりされているなっと軽く見ると思うのですが、まぁ書いてあるだけです。

具体的な例を挙げると、プログラマー、ゲームの欄に記載されているunityというゲームエンジン、簡単にゲームやVRと作成する際に使用するものなのですが、これを触ったことがある私がこれを学習時間が欲しいと研修担当の人に訴えたところ、拒否というかそもそもunityの存在を知りませんでした。私はこの人と入社のための面接をし、この人から記載されていた資料を貰ったのにも関わらずです。

この時点でもう分かることがあります。それはまず研修なんてものはそもそも存在せず、とりあえず、時間つぶしにOfficeを学ばせて1日でも早く企業に送り込みたいのがこの会社なのです。

実際誰でもできる仕事ですからね。

なのにもかかわらず、この会社は求人にVRだったり3Dだったり、皆が興味そそられるキーワードを必ず記しています。餌として食いつくものが大量に出るからです。

ちなみに私がその1人です。お恥ずかしい。

面談

エンジニア・クリエイター(名ばかりですが)には必ず「管理営業」という職務の方が担当で付きます。

この人たちがそれぞれの担当の人を企業に売り込みます。物のように売り込みます。

というかそのように実際営業どもが発言してます。

勝手に売り込まれ、断る隙も与えず現場(相手企業)に送り込まれます。

私の場合は近くの現場で助かりましたが、中には通勤に片道1時間半のところに飛ばされたりと大変な方がいました。

しかも余談ですが、私の管理営業は他社の人間でした。よく意味が分からないと思いますが所属している会社とは別の人間に私は管理されていたというのです。

訳が分かりませんね。

話が長くなりましたが、面談お話です。

入れそうな現場が来まると面談があります。受け入れてくれる会社に面接のような感じで面談を受けるのです。本当に面接のようなものでOKがでなければお断りされます。

この時に必要なのがスキルシートです。

先ほどの研修内容に記載されていたのはこれです。このスキルシート&面談で人間性を測り採用を決めるのです。

だからこそ、研修の際に面談練習・スキルシート作成に時間をたっぷりかけるのです。

しかしスキルシートには嘘がかかれています。というのも採用されるために内容を盛るのです。

やったこともない、知らないことをあたかも出来ますという風に内容を盛られているのです。

なので盛られた本人たちはたまったものじゃないですね。

現場で必ずと言ってよいほどいろんな意味で痛い目を見ます。

さらに、またまた読んでいてややこしいと思われるので先にお詫びしておきますが、私は自分の所属している会社の名前を面談中一切出さず、別の知らない企業の社員として偽り面談を受け、合格になっても偽った会社の社員として過ごさないといけなかったのです。

これは 多重下請け構造 という奴ですね。(長くなるので申しわけありませんが調べてみてください。)別の企業が貰ってきた仕事をあたかもその企業の人間として受けるのです。

こんな感じでの面談でした。

正直書いている私がよくわからなくなる感じの内容ですね。

※私が受けた面談の求人内容(多少ぼかしてますが大体こんな感じです。)


案件:コールセンター業務

期間:即日~1年弱

場所:関東某所

人数:3名

内容:

・キッティング済みPC(ノート・デスクトップ)の入れ替え日程調整(電話・メール)

・PC入れ替え進捗管理

必要スキル・経験:

【必須】

社会人(営業、事務系)経験2年以上

PC知識、電話対応

コミュニケーション力

【尚可】

ヘルプデスク、コールセンター業務

就業時間:平日9:00~18:00

備考:弊社要員として立ち回る必要がございます。


なんども言いますが誰でもできる仕事です。

勤務開始

上記内容通りで仕事は単純でした。

ただ言えるところはこういうのを他社に依頼してくるのは単純に、費用がないから他社に依頼するほかないという理由や、炎上している仕事なので人が誰もやりたがらない仕事を任せたい等、なかなかややこいです。

私もその炎上に巻き込まれ、痛い目にあいました。

取りあえず落ち着くまで粘り、沈静化したところで退職を決意しました。

退職

現場にいるので自分の会社に行くことも全くないので、退職届をメール&郵便で送りました。

結構あっさり辞められました。

というのも会社も扱いが慣れているのです。私と同じタイミングで入社した人たちの半分以上はずでに退職していたなど、会ったことがある人が気が付いたらいなくなっている会社なので、あっさりしていました。

この会社のおかげで今の私があります。

このような企業に利用されない人間にならなければならないなと今も自分を戒めています。

皆さんもこのような会社には気を付けてください。

見分け方は単純です。

・勤務先が23区及びその近郊となっている

・勤務時間がクライアント先に準ずるとなっている

・取引先が同業者ばかり

以上

コメント

  1. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました