【MLB】引退後メジャーリーグで役職を持った元日本人メジャーリーガー一覧

スポーツ
スポンサーリンク

現役選手のほかに、度々引退され各球団に役職をもつ元日本人メジャーリーガーが報道されることも多くなってきました。

今後も増えていく気がするので、ここに一覧としてまとめておきます。

ア・リーグ

ボルチモア・オリオールズ

ボストン・レッドソックス

ニューヨーク・ヤンキース

選手名役職名就任期間内容
松井秀喜 スプリングトレーニング ゲストコーチ2014年2月19日~3月4日 キャンプ中インストラクターとして活動。
松井秀喜 GM特別アドバイザー 2015年3月11日~シーズン中は3Aをはじめ傘下のマイナーで若手を指導し、キャンプではインストラクターなどを務める。

タンパベイ・レイズ

トロント・ブルージェイズ

シカゴ・ホワイトソックス

クリーブランド・インディアンス

デトロイト・タイガース

カンザスシティ・ロイヤルズ

ミネソタ・ツインズ 

ヒューストン・アストロズ

ロサンゼルス・エンゼルス

オークランド・アスレチックス

シアトル・マリナーズ

選手名役職名就任期間内容
イチロー 会長付特別補佐 2018年5月3日~2019年1月23日マリナーズでの選手指導をはじめ、傘下のAAAタコマ・レイニアーズでも外野守備・走塁の指導や打撃コーチ補佐を行う。
イチロー
会長付特別補佐兼インストラクター
2019年4月30日~上記の業務と共にGMのサポートも行う。
岩隈久志 特任コーチ2021年1月12日 ~春季キャンプでコーチとして指導。シーズン中は、本拠地シアトルのほか、傘下マイナーの3Aタコマなどで指導するほか、日本滞在時はスカウティングにも携わるなど、幅広い形でサポートする。

テキサス・レンジャーズ

ナ・リーグ

アトランタ・ブレーブス

マイアミ・マーリンズ

ニューヨーク・メッツ

フィラデルフィア・フィリーズ

ワシントン・ナショナルズ

シカゴ・カブス

シンシナティ・レッズ

ミルウォーキー・ブルワーズ

ピッツバーグ・パイレーツ

セントルイス・カージナルス

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

コロラド・ロッキーズ

ロサンゼルス・ドジャース

サンディエゴ・パドレス

選手名役職名就任期間内容
斎藤隆 インターン 2016年 編成業務に従事。
斎藤隆 ベースボールオペレーションアドバイザー兼パシフィックリムアドバイザー
2017年1月1日 ~2019年 選手の育成や、チーム戦略などの球団経営に携わりながら、アドバイザーとして日本球界との連携も強化。
野茂英雄編成部門アドバイザー 2016年2月~育成と編成部門、環太平洋地域での球団の事業展開に携わる。

サンフランシスコ・ジャイアンツ

その他

選手名役職名就任期間内容
松井秀喜 ファーストベースコーチ 2018日米野球:2018年11月9日~11月15日一塁脇のファウルゾーンにあるコーチスボックス内に位置して、打者や走者に指示を送る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました