SNSフォローボタン
takuroをフォローする

神社に勤めるためにはどうすればいいか 一般的な方法

仕事




神社に勤める方法は正直限られていて狭き門です。

ただ職種にこだわらなければチャンスはあります。

そもそも神社に勤めることは就職とはいわず、奉職(神に奉仕する)といい、奉仕者の中には神職の資格を持たないものもおりその方たちを助勤と呼びます。

大きな神社では初詣にて参拝者が多く集まることから、年末年始などに助勤のアルバイト募集が行われるのが、メインの皆さんがよく知っている求人だと思います。

助勤の地位は男性も女性も同じで、女性は巫女として奉仕し、男性は交通誘導・境内清掃・荷物運び等、力仕事がメインの仕事です。

一般的な求人情報誌に掲載されることは滅多にありませんが、神社の境内にて求人を掲示していたり、インターネットにサイトを持っている神社がそこで掲載したり、SNSにて募集したり等様々な方法にて確認することが出来ます。

助勤の給与は神社によってかなり差がありますが、一般的なアルバイトに比べれば決して高くないです。

そもそも神社は営利企業ではなく、神に奉仕するのが仕事ですのでボランティアのようなものと考えてください。

なお、年末年始やお祭りのシーズンに限らず長期的に助勤を募集している神社はほとんどありません。

地方の小さな神社では神社経営だけでは採算が取れないので、神職資格を所持している宮司でさえ副業を行っているのが一般的です。

ただし、伊勢の神宮や明治神宮のような特に大きい神社では、神職以外にも恒常的に奉職している職員がたくさん所属しております。

楽師や技師などの専門性の高い仕事や、神社が保有する森林の管理人、事務員、警衛に関わる衛士などです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました